栄養価の高い葉と皮を使い切る!「かぶ」まるごとレシピ6選

#やってみた 

春のかぶは、やわらかいので皮を剥かずにそのまま調理できます。葉も栄養豊富なのでできれば捨てずに使い切りたい食材です。切り落とした葉で副菜を作ったり、白い部分(胚軸)と一緒に調理して彩りを添えたりと活用の幅が広がりますよ!

今回は『栄養を捨てない まるごと野菜レシピ 春』(レタスクラブMOOK)から、かぶをまるごと活用するレシピをご紹介します。

かぶをくりぬいて、たねを詰めて

かぶら蒸し風スープ


かぶら蒸し風スープ 調理/荻野恭子 撮影/野口健志


●1人分:127 kcal 塩分1人分:2.6g

[ 材料・2人分 ]

かぶ ……小4個(約320g)

とりひき肉 ……100g

しいたけ ……大2枚(約50g)

煮汁

・だし汁 ……2 1/2カップ

・酒 ……大さじ2

・塩 ……小さじ1/2強

酒 塩 こしょう

[ 作り方 ]

1.かぶは皮つきのまま、茎を切り落とし、切り落とした部分からスプーンで外側約8mmを残して身をしっかりくりぬく。くりぬいた身はとりおく。底の部分は薄く切り落とし、平らにして置けるようにする。残りも同様にする。

【Point】茎を切り落とした部分にスプーンを差し込み、左右の手をひねるようにしてスプーンとかぶを回しながらくりぬく。


2.しいたけはみじん切りにし、ボウルに入れる。ひき肉、酒大さじ1、塩、こしょう各少々を加え、手でよく練り混ぜる。

3.1に2を1/4量ずつ詰める。

4.鍋に3、1でくりぬいたかぶの身、煮汁を入れてふたをし、弱めの中火にかけて、途中アクを取りながら約25分かぶがやわらかくなるまで煮る。

次ページ:次は「葉」を使って副菜に!(2/2)

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

調理/石原洋子,荻野恭子,北嶋佳奈,ヤミー 撮影/豊田朋子,野口健志,広瀬貴子,福岡 拓,三村健二

▼『栄養を捨てない まるごと野菜レシピ 春』記事一覧はこちら▼


雑誌情報はこちら



▼『栄養を捨てない まるごと野菜レシピ 春』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

春においしい野菜の栄養がまるわかり!野菜に含まれて入る栄養素について解説。捨ててしまいがちな芯や皮、軸、にもじつは栄養がたっぷり!野菜をたっぷり使ったメインおかずレシピをたくさん掲載しています。芯や皮、軸、葉も使いきるレシピにはマークをつけました。芯や皮、軸、葉を使ったサブおかずのレシピも充実!


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧