大掃除に使いたい!プロ考案の“マンゴーカット”スポンジで魚焼きグリルの網がラクピカ

#やってみた 

使うたびに洗ってはいても、落とし切れていない汚れや臭いが気になる魚焼きグリルの網。「キッチンスポンジにひと工夫するだけで、ラク~に汚れが落とせますよ」と教えてくれたのは、家事のプロ・高橋ゆきさん。それはどんな工夫でしょう?

【魚焼きグリルの網はカットしたスポンジで】

スポンジに切り込みを入れること(下記参照)がポイント! でも、その前に汚れを緩めておくことを忘れずに。大きめのビニール袋に42~45℃の湯と重曹を入れてかき混ぜた液に、魚焼きグリルを入れて15~30分つけ置きしておきます。そのあと、カットしたスポンジを網目にグイッと差し込んでゴシゴシすれば、重曹の汚れ緩め効果&スポンジの密着力で簡単に汚れが落とせます。流水ですすいで仕上げを。

●スポンジをマンゴーカット

カッターでスポンジに格子状の切り込みを入れるだけ(高橋さん考案)。網や溝などの凸凹部分にフィットして汚れ落としがスムーズに。

ちなみに魚の臭いが気になるときは、網の受け皿に重曹を入れておくとよいそう。

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

教えてくれたのは:高橋ゆきさん
家事研究家。家事代行サービス「ベアーズ」取締役副社長。「家事大学」学長。キッズからシニアまでの暮らしの向上を研究し、家事のスペシャリストとしてテレビ、雑誌などで活躍中。

撮影=原田圭介 編集協力=岸田直子

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧