トートバッグ専門ブランドが、カフェドリンク専用の簡易保温保冷機能付きバッグを開発

近頃、テイクアウトコーヒーは、カフェチェーンからファストフード、コンビニエンスストアまで、いつでもどこでも楽しめます。でも、カップを持って街を歩くと、片手が塞がれてしまう上に、熱かったり、結露してしまったりと大変。もっとスマートに持ち歩きませんか?

株式会社スーパープランニングのトートバッグ専門ブランド「ROOTOTE(ルートート)」は、カフェドリンク専用バッグ「ROOCUP(ルーカップ)」を、2月上旬に新発売。ROOTOTE GALLERY各店、オンラインショップなどで順次販売を開始しました。

2017年に15周年を迎えた「ROOTOTE」は、これまで使用シーンに合わせて、さまざまなデザインのトートバッグを提案してきました。今回の「ROOCUP」は、カフェやコンビニエンスストアなどのテイクアウトドリンク専用にデザインされた、カップホルダー型トートバッグ。

ショートサイズからラージサイズ(8〜16オンス)のカップに対応しており、お気に入りのカフェドリンクが手軽にさりげなく持ち運べます。落としやすい細々したマドラーやミルクも、側面のポケットに収納できるので楽チンです。

しかも、持ち手を倒すと簡易的な保温保冷機能付きホルダーになる優れもの。デスクの上で温かさ冷たさをキープしたまま、長時間ドリンクを楽しむことが可能です。通勤時やランチタイムに、カフェドリンクをテイクアウトして飲むという働く女性におすすめ!

カラーは、BLACK、YELLOW、KHAKI、PURPLE、PINK、NAVYの全6色。価格は1000円(税抜)です。折りたたむとコンパクトになるので、使わないときはスマートに携帯することができますよ。

コーヒー版マイバッグ「ROOCUP」を活用して、カフェのテイクアウトメニューをもっと気軽に楽しみましょう!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】