冷える季節にぴったり! 挟まず作る「れんこんの肉詰め柚子こしょう焼き」

#食 

ここ数週間で一気に気温が下がり、日中でも「肌寒い」と感じる日も増えてきました。寒くなってくると、体が冷えて風邪やインフルエンザにかかりやすくなり、体調を崩す人も増えてきますよね。それに加えてまだまだ新型コロナウイルスも心配です。毎日の食事でおいしく栄養を摂取したいですね…。

そこで重宝しそうなのが、『3分クッキング』11月号の特集「れんこん・ごぼうの新おかず」。れんこんにはビタミンCが豊富に含まれています。しかもれんこんのビタミンCはでんぷんに守られているため、加熱しても壊れにくいという特徴も。

そこで今回は、この特集の中から「れんこんの肉詰め柚子こしょう焼き」を作ってみました。

「れんこんの肉詰め柚子こしょう焼き」


はさまないから手軽に作れる「れんこんの肉詰め柚子こしょう焼き」


材料(4人分)

れんこん………(大)1節(300g)
肉だね
・鶏ひき肉(もも) ………350g
・万能ねぎの小口切り…2本分
・片栗粉、酒………各小さじ2
・柚子こしょう………小さじ1
・塩…………………………少々
●小麦粉、油

作り方


1 れんこんは皮をむき、1㎝厚さの輪切り8枚にする。
2 ボウルに肉だねの材料を入れ、粘りが出るまで練り混ぜる。
3 れんこんの水気をふいて並べ、全体が白くなる程度に小麦粉を薄くまぶす。2をれんこんに等分にのせ、れんこんの穴に押し込むように密着させる。
4 フライパンに油大さじ1を熱し、3の肉の面を下にして並べ入れる。ふたをして弱火にし、4~5分蒸し焼きにする。ふたをとって返し、さらに4~5分こんがりと焼く(焼き色が薄ければ途中で火を強める)。

* * *

挟まずに作るタイプなので、れんこんを厚めに切っても火が通りやすく、れんこん特有の歯触りの良いモチッとした食感が存分に堪能できます。柚子こしょうの香りとピリッとしたアクセントも鶏ひき肉のうまみとよく合う…! 柚子こしょうには体を温める効果もあるので、冷え性でつらい…という人にもオススメです。一品で嬉しいことがたくさんのこの「れんこんの肉詰め柚子こしょう焼き」。定番おかずに加えない手はないですね♪

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information


れんこん、ごぼうが主役のおかず

食物繊維たっぷりで腸活にも役立つれんこんとごぼう。つい煮ものにしてしまいがちですが、意外とさまざまなおかずになるのです。今回は麻婆れんこん、ごぼうの豚バラ巻きなど、ちょっと新しい素材の組み合わせや調理法をご提案。新米がおいしい季節に、ごはんがすすむこと請け合いです。
第2特集は「ヨーグルト活用おかず」。体のために毎日食べたいヨーグルトを、肉のつけ汁や煮込みにも使ってみませんか。話題の水きりヨーグルトもご紹介しています。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「ゆで大豆」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「食パンかりんとう」です。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //