目にも舌にもうれしい「れんこんとえびのからし酢みそあえ」 おいしいおかずが一品あればいい!(5)

#食 
お正月やおもてなしにもおすすめ!「れんこんとえびのからし酢みそあえ」


「賛否両論」の笠原将弘さんによるおいしいおかず53レシピと、家庭料理にまつわる初の書き下ろしエッセイがたっぷり入った見ごたえのある料理本「実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案」。毎日のごはん作りをがんばる人たちに贈る1冊です。

今日は何を作ろう?と思ったときにパラッとめくってその日の気分で選べる、探せる、調理法別の53レシピの中から、編集部厳選のレシピを5つご紹介します。今回は第5回、「れんこんとえびのからし酢みそあえ」です。

◆れんこんとえびのからし酢みそあえ

身のしまったシャキシャキのれんこんと、プリプリ食感の甘いえびをからし酢みそでさっくりあえた、目にも舌にもうれしい惣菜。
れんこんの白、えびの紅でおめでたい感も。
えびのほかに、まぐろの赤身やゆでだこを合わせてもいい。
お正月やおもてなしにもおすすめ。

●材料(3~4人分)
れんこん …… 300g
えび …… 8尾
A
 白みそ …… 大さじ4
 酢 …… 大さじ3
 砂糖 …… 大さじ1
 練りがらし …… 小さじ1
塩 …… 適量
酢 …… 1/2カップ
万能ねぎの小口切り …… 3本分
白いりごま …… 少々

●作り方

1 れんこんは縦半分に切り、穴の部分を縦に切るようにして1cm四方、5cm長さ目安の棒状に切る。

2 鍋に1とかぶるくらいの水を入れ、塩少々、酢を加えて火にかける。竹串がすっと通るまで約8分ゆで、ざるにあけて湯をきる。

3 鍋に新たに湯を沸かし、塩少々とえびを殻つきのまま入れ、約1分20秒ゆでる。ざるにあけて湯をきり、粗熱をとる。殻をむき、竹串または包丁で背わたを取る。

4 ボウルにAを混ぜ、2と3を加えてさっくりあえる。

5 器に盛り、万能ねぎを散らして、白ごまをふる。

○1人分138kcal/塩分1.7g

著=笠原将弘/「実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //