ゴシゴシ洗っても、ツヤ肌にはなりません!お肌の潤いを守る冬の正しい保湿ケア【体の粉ふき対策編】

#美容・健康 
ゴシゴシ洗っても、ツヤ肌にはなりません!お肌の潤いを守る冬の正しい保湿ケア

寒さが厳しくなるにつれて暖房を使う時間も多くなり、お肌はますますカサカサに…。

え…気づけば、ひじやかかとの表面が粉っぽくない!?

という恐怖を、冬場になると毎年味わう…という人は多いはず。
きちんとケアしてるつもりなのに…。

もしかして、
よかれと思って続けていた入浴方法が、実はNGだったりしませんか?


前編の「洗顔と保湿ケア」につづき、「勘違いケアで乾燥姫になっていませんか?」の2回目は、入浴時とその後のお肌の保湿ケアを全部おさらいする、【体の粉ふき対策編】です!!

今回も教えてくれたのは▷小林智子先生
皮膚科専門医、医学博士。日本医科大学医学部卒業後、名古屋大学皮膚科入局。同大学大学院博士課程修了。
アメリカ Northwestern 大学で皮膚科の臨床研究に従事した後、同志社大学アンチエイジングセンターにて糖化の研究を行なう。
食事と健康に関してレシピや情報などを医学的な立場から発信する「ドクターレシピ」の監修も行なう。

NG習慣1▷「あかを落とすようにゴシゴシ洗えばツヤ肌になるわよ」

あかを落とすようにゴシゴシ洗えばツヤ肌になる!?

これが正解!「ゴシゴシ洗いは不要!たっぷりの泡と手できれいになる!」

ナイロンタオルなどでのゴシゴシ洗いは、肌のバリア機能を低下させて乾燥や色素沈着の原因に。
顔と同様にたっぷりの泡と手を使ってやさしく洗うのが正解です。

1. 液体ソープのじか塗りNG ! 大事なのはふわふわの泡!

液体ソープのじか塗りNG !大事なのはふわふわの泡!

液体ソープを体に直接塗って洗うと、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまうので要注意。
ソープをしっかり泡立てることで、少量でやさしく汚れを落とすことができ、肌へのダメージが抑えられます

2. 泡を手にとって肌に触れないように広げる

泡を手にとって肌に触れないように広げる

やわらかいスポンジでもOKですが、いちばんおすすめなのは手。
顔と同様にたっぷりの泡を手にとり、肌に触れないように広げて洗い流すだけで、大抵の汚れは落とせます。
ゴシゴシ洗いは必要なし!

〈プラス技〉湯船につかるならぬるま湯で10分程度がグッド

長湯で水分奪われる…

長湯で水分奪われる…

大量に汗をかく入浴は、肌のバリア機能を低下させ、乾燥を招くおそれが。
おすすめは40度以下の湯にじんわり汗をかくくらいつかること。
入浴剤を入れるのも◎。

泡立てるのが面倒!な人にコレ便利

ポンプ式の泡が出るタイプなら家族で使える!

キュレル 泡ボディウォッシュ[医薬部外品] 480ml ¥1,200(編集部調べ)/花王

〈泡タイプ〉
低刺激性の泡で肌の必須成分セラミドを守りながら、汗や汚れをすっきりオフ。

▷キュレル 泡ボディウォッシュ[医薬部外品] 480ml ¥1,200(編集部調べ)/花王

ナイーブ 泡が出てくるボディソープ(しっとりタイプ) 500ml ¥462(編集部調べ)/クラシエホームプロダクツ

〈泡タイプ〉
ワンプッシュでたっぷりのモフッ泡でやさしく極上洗浄。
▷ナイーブ 泡が出てくるボディソープ(しっとりタイプ) 500ml ¥462(編集部調べ)/クラシエホームプロダクツ


次ページ:ボディクリームの正しい塗り方ってあるの!?(2/2)

この記事に共感したら

Information

冬の洗顔と保湿ケアはコレが正解!!勘違いケアで乾燥姫になっていませんか?【顔のカサカサ対策編】

協力:花王クラシエホームプロダクツドクターレシピ第一三共ヘルスケア









まだまだある!冬の保湿ケアグッズはこちら▼rakuten▼

☆☆☆とじこみ付録は「さば缶で糖質オフ ダイエットBOOK」☆☆☆

これなら続く!「食べるダイエット」/ダイエットはやれることだけやればいい!/たんぱく質1食25gのやせおかず/やせる!14日チャレンジ/もち麦さえゆでておけばOK!/酢キャベツでやせる!/太らないつまみ/あなたが太りやすいのは、“飲み方”のせいでした!/すっきり冷凍室が福を呼ぶ!/「手の届かない場所」どうやって掃除する!?/大きく動いてガンガンやせる!ダイナミック家事/からだもおうちも…絶対冷えない冬にする!/脱!冬の老け見え改善計画/つらいときはフワちゃん流アゲマインドでうまくいく!?/もっとラクにお小遣い稼ぎができる!大人のメルカリ塾…ほか

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //