信じられないほどの低糖質。ダイエット中でも罪悪感なく食べられるスイーツ

春になると、重いコートを脱いでだんだん軽やかな装いになります、そうなると女性が気になるのはボディライン。「ああ、ダイエットしなきゃ……」なんて重苦しい気持ちになっていませんか? 

そんなときにでも罪悪感なく楽しめる、優秀なスイーツをご紹介します。

本格派洋生菓子を手がける株式会社ドンレミーが、DHCの監修のもと、ダイエット中の方に嬉しい新スイーツ6品を開発しました。現在、全国のスーパーまたは一部のコンビニエンスストアで販売されています。

このシリーズの特徴は、1品に含まれる糖質が10g以下(エリスリトールを除く)であること。一般的なショートケーキ1切れ100gの糖質が平均50g近くあることを考えると、信じられないほど低い数値に抑えられています。

3月1日から発売中のスイーツは「フルーツ杏仁パフェ」「ティラミスパフェ」「しっとり食感濃厚チーズ」「カカオが香る濃厚ショコラ」の4品。

4月1日からは「マンゴープリンパフェ」「珈琲ゼリーパフェ」の2品が追加発売されます。どれも、口当たりなめらかでリッチなお味。しっかりした甘さはとても糖質控えめとは思えません。

ダイエットはあまりストイックにやりすぎず、ちょこちょこ息抜きをはさむことも、成功するポイントのひとつ。糖質制限を頑張って体重が落ちても、我慢の反動で食べすぎてしまっては元のもくあみです。

ダイエット中のストレスを上手に発散させるには、ときどき自分にごほうびを与えること。たとえば「1週間ダイエットを頑張れたら食べてもいい」など条件をクリアしたらスイーツを食べていいことにすれば、ダイエットをやり抜く励みになりますよね。

糖質控えめスイーツを上手に利用して、露出の多くなる夏までにダイエットを成功させちゃいましょう!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】