ほんのりパステルな色使いに心ときめく!「春を感じるおやつ」5選

#食 

鶴屋吉信 IRODORIの「IROMONAKA」


鶴屋吉信 IRODORIの「IROMONAKA」▷各¥200/鶴屋吉信 IRODORI


「老舗が作り上げたもなかは心ときめくパステルカラー」


京菓子の老舗・鶴屋吉信の新コンセプトショップ「IRODORI」で展開する、一口サイズのもなか「IROMONAKA」から、個包装タイプが登場。

小倉・こしあん・抹茶の定番に、季節限定のあんを加えた4種類がラインナップ。

春は桜風味のあんがお目見えします。

日本の伝統色を意識した5色の皮は、はんなりパステルカラーがかわいい。

▷各¥200/鶴屋吉信 IRODORI


ポアール・デ・ロワの「カン・デリシュ」


ポアール・デ・ロワの「カン・デリシュ」▷6種類各3枚入り ¥2,600/ポアール・デ・ロワ


「缶の中に旬の果物がぎゅっ!フルーティなクッキーです」


特定農家から届く希少なものをはじめ、日本各地のフルーツを厳選して、職人が仕上げるソルベや焼き菓子が並ぶショップ。

果物の絵柄がかわいい缶には、いちごやキウイ、オレンジなどの12種のフルーツを素材としたクッキーが詰まっています。

添えられたそれぞれの花言葉に思いを巡らしながら、果実味あふれる味わいを楽しんで。

▷6種類各3枚入り ¥2,600/ポアール・デ・ロワ


オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッドの「エキセントリック」


オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッドの「エキセントリック」▷1個¥300(税込み)/オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド


「口の中で溶けるようなスイーツがフランスからアジア初上陸」


2020年6月、フランス生まれのパティスリーが東京・神楽坂にオープン。

名物は北フランスの伝統菓子「メルヴェイユ」です。

ホイップクリームとメレンゲで作られていて、口に入れるとふわっと溶ける軽やかさ。

数種あるフレーバーの中でも、甘酸っぱいチェリークリーム入りの「エキセントリック」はピンク色が春めいた気分にしてくれそう。

▷1個¥300(税込み)/オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド


和菓子 楚々の「DANGO」


和菓子 楚々の「DANGO」▷各¥180/和菓子 楚々


「1本、もう1本と手が伸びる新しいスタイルのおだんご」


100年近い歴史を有する老舗和菓子店をルーツとしつつ、現代のライフスタイルに合う新しいものを提案する和菓子ショップ。

お花見など、春の行楽に欠かせないおやつでもあるおだんごは、モダンなパッケージの「DANGO」として登場。
持ち運びに便利です。

みたらし、こしあん、黒ごま、くるみみそ、のりしょうゆという甘辛合わせた5種類の味わいが揃っています。

▷各¥180/和菓子 楚々


<レタスクラブ21年3月号より>
撮影/安井真喜子 編集協力/首藤奈穂

この記事に共感したら

Information

協力/アトリエフジタ(Instagramアカウント@atelierfujita_ohagi)鶴屋吉信 IRODORIポアール・デ・ロワオー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド和菓子 楚々




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 3月号』情報はこちらから▼

やる気ゼロの日の晩ごはん/旬!新玉ねぎのささっとおかず/こぼしちゃった!大事件はこれにて解決!/腸マッサージで超すっきり!/うまくいかないのは全部、口グセのせいだった!/【とじこみ付録】ほぼ10分でできるぐっち夫婦の1品弁当BOOK/【とじこみ付録】初心者でも失敗しない『こねないパンBOOK』


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //