SNSで話題の漫画『作りたい女と食べたい女』に登場する「焼きおにぎり」にハマりそう…! 休日のランチやおやつにも◎

#食 
『作りたい女と食べたい女』の焼きおにぎり

野本さんの作るおいしそうな料理と、春日さんの豪快な食べっぷりが魅力の「シスターフッド×GL」コミック『作りたい女と食べたい女』が、SNSで話題沸騰! 6月15日に発売された1巻の重版も決定し、いま注目を集めている作品です。

『作りたい女と食べたい女』

作中に登場するごはんを実際に作って写真をシェアするTwitterのハッシュタグ「#つくってたべたよ」も、たくさんの投稿で盛り上がっているんです♪

そのストーリーは、「もっと色んな料理に挑戦したいけど一人暮らしだし、少食だし…」と思うように料理ができないでいる野本さんが、お隣のお隣に住む食べるのが大好きな春日さんを夕食に誘うことから始まります。

【画像を見る】春日さんの帰りを待って、思い切って夕食に誘う野本さん

ごはんと通して徐々に距離を縮めていく2人の姿に、ツイッター上では「見ていて幸せになる」「2人が徐々に距離を縮めていくのがほほえましい」といったコメントが続々! 「今、一番読みたかった女と女の物語」と話題なんです。

作中に登場するおいしそうな料理もSNSで評判! 中でも「#つくってたべたよ」に頻繁にアップされているのが、第4話で体調を崩した野本さんのために、春日さんが作る「焼きおにぎり」。

東北出身の野本さんの家庭の味は…仙台みその焼きおにぎり!

仙台みそをぬってフライパンでこんがり焼いた一品は、東北出身の野本さんが小さい頃から食べていたふるさとの味。マンガを見ていると…食べたくなってきませんか?

作りたての焼きおにぎりをおいしそうに頬張る2人


そこで今回は、味噌を使った焼きおにぎりをレタスクラブのレシピの中からご紹介! 夏バテでやる気が出ないときも、これなら簡単に作れそうです♪

田楽みその焼きおにぎり

「田楽みその焼きおにぎり」

【材料・3~4個分】
田楽みそ(作りやすい分量:みそ…大さじ6、砂糖…大さじ3、みりん…大さじ2、酒…小さじ2)…小さじ2弱
温かいご飯…1合分
水・塩…各少々
ごま油…小さじ1

【作り方】
1.鍋に田楽みその材料を入れて、弱火にかける。砂糖が溶けて照りが出たら火を止める。

2.温かいご飯を3〜4等分し、手に水、塩各少々をつけておにぎりを握る。

3.フライパンにごま油小さじ1を熱し、おにぎりの両面を焼く。「田楽みそ」小さじ1弱をそれぞれ片面にぬり、軽く焼いて焦げ目をつける。
(1人分150kcal、塩分0.6g)

甘めの田楽みそがやさしい味わい。しっかり味が付いているので、みそをつけるのは片面だけでOKです。フライパンで焼く時は、焦げすぎないように様子を見ながら焼いて。野本さんのレシピを完全再現するなら、炊きたてご飯で作ったおにぎりに仙台みそをそのままぬって焼いてみましょう。

手軽に作れる焼きおにぎりは、夏休みのランチやおやつにもおすすめ。日本が誇る伝統調味料「みそ」の底力を、おうちでじっくり噛みしめてみてください♪

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //