SNSで話題の漫画『作りたい女と食べたい女』に出てくる餃子がおいしそう! この夏はおうちで餃子パーティーはいかが?

#食 
『作りたい女と食べたい女』のホットプレート餃子

野本さんの作るおいしそうな料理と、春日さんの豪快な食べっぷりが魅力の「シスターフッド×GL」コミック『作りたい女と食べたい女』が、SNSで話題沸騰中! 6月15日に発売された1巻の重版も決定し、注目を集めています。

『作りたい女と食べたい女』

そんな中、今SNSで盛り上がっているのが、作中に登場するごはんを実際に作って写真をシェアすること! Twitterではハッシュタグ「#つくってたべたよ」をつけて、たくさんの投稿が寄せられているんです♪

物語は「もっとたくさん料理を作りたい!」という願望を胸に秘める野本さんと、お隣のお隣に住む食べるのが大好きな春日さんが出会うことから始まります。

本当は豪快な料理が作りたい野本さん

ひょんなことから仲良くなる2人の女同士の交流に、ツイッター上では「見ていて幸せになる」「久々に食欲がわくマンガに出会った」といったコメントが続々! また、日常生活の中で女性を取り巻く生きづらさや違和感を描く場面もあり、そこに共感を覚える人も多いようです。

そんな2人の距離がぐっと縮まるのが、第5話の餃子パーティー。野本さんが春日さんを自宅にさそって、2人で餃子を作ります。一人ではたくさん作れなかった餃子が大量に焼ける!と野本さんは終始テンションが上がりっぱなし!

ホットプレートを囲んで楽しそうな2人

そして、この日のために購入した丸形のホットプレートで、豪快に焼くこのシーン…! もうこれを見ただけで、餃子とビールが恋しくなってきませんか?

見よ! この美しい餃子の焼き具合!


ということで、今回は野本さんも作っていた青じそ入りの餃子を、レタスクラブのレシピの中からご紹介します!

青じそ餃子

「青じそ餃子」

【材料・24個分】
餃子の皮(あれば薄皮)…24枚
とりひき肉…200g
おろししょうが…1かけ分
長ねぎのみじん切り…1本分
青じそ…24枚
大根おろし…適宜
ポン酢じょうゆ…適宜
・酒、ごま油、塩、こしょう、サラダ油

【作り方】
1.ボウルにひき肉、しょうがと、酒、ごま油各大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう少々を入れて粘りが出るまで混ぜ、ねぎも加えてまんべんなく混ぜる。

2.餃子の皮の縁に水をつけ、しそ1枚をのせて、1のあんを大さじ1弱を目安にのせる。半分に折って片側からひだを寄せて包み、しっかり口を閉じる。

3.フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、2の半量を並べて焼く。皮に焼き色がついたら熱湯3/4カップを注いでふたをし、4〜5分、蒸し焼きにする。皮が透き通って湯がほとんどなくなったらふたを取り、ごま油少々を回し入れ、パチパチと音がするまで焼く。残りも同様に焼く。好みで青じそを敷いて、大根おろしをのせ、ポン酢じょうゆを添える。
(1人分46kcal、塩分0.2g)

とりひき肉で作るあっさり味の餃子は、大根おろし+ポン酢で! 青じそのさわやかな香りが暑い季節にぴったりです。青じその葉が餃子の皮より大きい場合は、皮の内側に収まるように手でちぎって。蒸し焼きにした後、仕上げにごま油を回し入れるとカリッと香ばしく焼き上がりますよ!

この夏は、おうちで餃子パーティーを楽しんでみるのもいいかもしれません♪

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //