豆腐や納豆、そうめんにも合う郷土料理「山形のだし」/1品でおうちまかないメシ(9)

#食 
ごはんが永遠にかき込める「山形のだし」

簡単・美味しい・大満足!1品でおうちまかないメシ 9回【全12回】


プロの工夫で、一品でも絶品&大満足な食卓に!

料理チャンネル「まかないチャレンジ!河原のあべ」を配信する人気板前YouTuber・まかないチャレンジ!あべ こういちさんが本気で考えた、一品で大満足のご飯泥棒なおかずが勢ぞろいのレシピ本『簡単・美味しい・大満足!1品でおうちまかないメシ』。作り方のステップやポイントごとに写真が載っているので、初めての人でも達人の技がマネしやすいと話題です。

おうちごはんのレベルが爆上がりし、感動的においしくなるプロの一工夫。献立に悩まなくなるテクニックをご紹介します。今回は「山形のだし」です。

※本作品はまかないチャレンジ!あべ こういち著の書籍『簡単・美味しい・大満足!1品でおうちまかないメシ』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

ごはんが永遠にかき込める
山形のだし


◆材料(作りやすい分量)
きゅうり…3本
みょうが…3本
大葉…10枚
新しょうが…60g(ふつうのしょうがなら半量)
長いも…150g
なす…3本
塩…大さじ1
【漬け込みだれ】
 塩昆布(細かく切る)…15g
 白ごま…大さじ1
A
 酢…大さじ2
 酒…300ml
 しょうゆ…大さじ2
 みりん…大さじ2
 塩…小さじ2

◆作り方
1 きゅうり、みょうが、大葉は粗みじん切り、新しょうがと長いもはみじん切りにする。なすはピーラーで皮をむき、きゅうりよりやや大きいみじん切りにして、20~30分水にさらす。
【ポイント】
フードプロセッサーは野菜の繊維が崩れすぎてジュースのようになってしまうので、面倒でも根気よく包丁で刻もう!

きゅうり、みょうが、大葉は粗みじん切り、新しょうがと長いもはみじん切りにする。


2 長いも以外の1をボウルに入れ、塩を入れて軽く揉む。しんなりしてきたら30分ほど置く。

長いも以外の1をボウルに入れ、塩を入れて軽く揉む。


3 【漬け込みだれ】を作る。鍋にAを入れひと煮立ちさせたら、塩昆布、白ごまを入れ、粗熱を取る。

【漬け込みだれ】を作る。


4 2 の水分をしっかりと絞り、保存容器やボウルに入れる。
【ポイント】
絞る前に味見をして、塩辛い場合は水で洗うとよい。

2の水分をしっかりと絞り、保存容器やボウルに入れる。


5 4に3と長いもを加え、落としラップをして、1日以上置く。
【ポイント】
長いもはくずれやすいので、最後に入れよう。空気に触れないように落としラップをすることで、日持ちしやすくなる。

4に3と長いもを加え、落としラップをして、1日以上置く。


◆大将のアドバイス
ふつうのしょうがを使う場合は、量を半分にするといいよ。長いもの代わりにめかぶを使っても◎。

著=まかないチャレンジ!あべ こういち/『簡単・美味しい・大満足!1品でおうちまかないメシ』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //