シンプルおでんで忙しい日もおいしく!「里いもと手羽先のおでん」/おいしいおかずが一品あればいい!(7)

#食 
香ばしく焼き目をつけた手羽先とともに、下ゆでした里いもをコトコト15分ほど煮るだけ

『実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案』 7回【全10回】


今日は何を作ろう? 毎日を支えるお惣菜レシピ!

東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」店主・笠原将弘さんによるおいしいおかず53レシピと、家庭料理にまつわる初の書き下ろしエッセイがたっぷり入った見ごたえのある料理本『実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案』

さて、今日は何を作ろう?と思ったときにパラッとめくってその日の気分で選べる、探せる、調理法別レシピの中から、編集部厳選レシピをご紹介します。今回は「里いもと手羽先のおでん」です。

※本記事は笠原将弘著の書籍『実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案』から一部抜粋・編集しました

◆里いもと手羽先のおでん

香ばしく焼き目をつけた手羽先とともに下ゆでした里いもをコトコト15分ほど煮るだけ。
手羽先のうまみがじんわりしみた、ねっとり食感の里いも!!
私的ベスト2種の、シンプルおでんで忙しい日もおいしく。

●材料(2~3人分)
里いも …… 6個
とり手羽先 …… 6本
A
 だし汁 …… 4カップ
 しょうゆ、みりん …… 各大さじ2
絹さや …… 6本
練りがらし …… 少々

●作り方
1 里いもは一口大に切って鍋に入れ、水から約5分ゆでる。

2 手羽先は関節から先を切り落とす(切り落とした部分はだしをとるなどに使ってください)。

3 フライパンを温め、油をひかずに2を並べ入れて、両面に焼き目をつける。

4 1をざるにあけて湯をきり、鍋をきれいにして、里いも、3、Aを入れる。落としぶたをして 火にかけ、約15分煮る。絹さやを加えてさっと煮る。

5 器に盛り、からしを添える。

○1人分181kcal/塩分1.5g

著=笠原将弘/「実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)