甘みのある白菜の味わいがよく生きる「白菜メンチ」/白菜使いきりレシピ(2)

#食 
甘みのある白菜の味わいが生きている

『安うま食材使いきり!vol.15 もっと!白菜使いきり!』 2回【全15回】


まるごと1株買うことも多い白菜を、いたまないうちにおいしく使いきるレシピ!

どんどん使っていかないとキッチンの片隅や冷蔵庫の野菜室で場所をとる白菜。たくさん買ったら余すところなくおいしく使いきれるアイディアレシピをど~んとご紹介するのが、『もっと!白菜使いきり!』です。

ボリュームたっぷりのメインおかずから、冷蔵庫にあると便利でさらにアレンジも可能な作りおきおかず、小鉢やサラダ、汁ものなどの小さいおかず、あったか鍋やひと皿ごはんまで多彩なラインナップでご紹介する本書から、編集部厳選レシピをお送りします。

※本記事はレタスクラブ編集部編集のMOOK本『安うま食材使いきり!vol.15 もっと!白菜使いきり!』から一部抜粋・編集しました

※電子レンジは特に表記がない場合、加熱時間は600Wのものを基準にしています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。

白菜メンチ

甘みのある白菜の味わいが生きている

◆材料(2人分)
白菜 2枚(約150g)
白菜の内葉 1枚
塩 小さじ1/3
肉だね
・合いびき肉 150g
・溶き卵 1/2個分
・生パン粉 大さじ4
・こしょう 少々
万能ねぎの小口切り 3本分
卵液
・溶き卵 1/2個分
・小麦粉 大さじ1
・水 小さじ1
小麦粉 適量
生パン粉、揚げ油 適量
ミニトマト 6個
ソース
・ウスターソース 大さじ2
・練りがらし 小さじ1

◆作り方

1 白菜は1cm四方に切ってボウルに入れ、塩を加えてもみ、しんなりしたら水けを絞る。ボウルに肉だねの材料を入れて練り混ぜ、白菜、万能ねぎも加えてさらに混ぜる。4等分にして平たい小判形にし、冷蔵庫に入れて約10分おく。白菜の内葉はせん切りにする。
【POINT】
刻んだ白菜に塩をふってもむと、ひき肉だねが水っぽくならない。

2 別のボウルに、卵液の材料を混ぜ合わせる。1の肉だねに小麦粉をまぶし、卵液、パン粉の順につける。

3 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、2を入れる。途中、上下を返して両面をこんがりと色づくまで5~6分揚げる。取り出して油をきって器に盛り、1の白菜のせん切り、ミニトマトを添える。ソースの材料を混ぜ合わせて添える。

[1人分473kcal 塩分1人分2.9g]

編集=レタスクラブ編集部/『安うま食材使いきり!vol.15 もっと!白菜使いきり!』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)