華やかな朝食「タルティーヌ」でGWを元気にスタート! 画像(1/3) ソテーしたパプリカととろ~りチーズがカリッとしたバゲットに合う!

待ちに待ったゴールデンウィークのスタート! 今日は何する?なんておしゃべりも楽しい家族や恋人との朝食には、片手でつまめる「タルティーヌ」がぴったり。タルティーヌとは、スライスしたバゲットの上に、好きな具材をのせて楽しむオープンサンドのこと。フランスでは定番の朝食メニューとして愛されています。ゴールデンウィークのスタートを、見た目も華やかな「タルティーヌ」で彩って。


【パプリカベーコンのタルティーヌ】(1人分455Kcal、塩分2.3g)


<材料>(2人分)

ベーコン4枚、ピザ用チーズ大さじ4、赤パプリカ、黄パプリカ各1/4個、ミニバゲット2本(またはバゲット…2/3本)、オリーブ油


<作り方>

(1)ミニバゲットは厚みを半分に切る(バゲットの場合は長さを半分に切ってから)。パプリカは縦細切りにする。

(2)フライパを油をひかずに熱し、ベーコンを両面さっと焼いて取り出す。オリーブ油適宜を入れて熱し、パプリカをしんなりするまで炒める。

(3)バゲットに2のベーコン、パプリカをのせ、ピザ用チーズをのせる。オーブントースターでチーズが溶けてこんがり焼き色がつくまで焼く(一度に焼けない場合は2回に分けて)。


【アボカドサーモンのタルティーヌ】(1人分244Kcal、塩分1.6g)

華やかな朝食「タルティーヌ」でGWを元気にスタート! 画像(4/3) 色のコントラストが目にもおいしい

<材料>(2人分)

スモークサーモン4枚、イクラ小さじ4、アボカド1個、レモン汁小さじ2、カンパーニュ1cm厚さに切ったもの2枚、塩


<作り方>

(1)カンパーニュは半分に切る。サーモンは食べやすい大きさに切る。

(2)ボウルにアボカド、レモン汁と塩少々を入れ、スプーンで軽く潰す。

(3)カンパーニュに2をぬり、サーモン、イクラをのせる。好みでディルを飾っても。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】