有村架純は3冊を並行して読書! 本は1冊ずつ読むより複数同時に読むべし

皆さんは本を読むときに1冊を読み終えてから次の本に取り掛かりますか? それともいくつか並行して読みますか? 女優の有村架純は“複数の本を平行して読む”自分の読書スタイルについて疑問を持っているそうです。

■「平行して読んでしまう」有村架純の読書スタイルに共感の声

4月20日、有村は自身のInstagramに「本を読む時、並行して何冊か読んでしまうのは、変なクセなのでしょうか」と投稿。気になる本をたくさんストックしているようで「今は3冊くらい並行して読んでる」と明かしています。これには「あるあるだよ!」「平行して読んだ方が効率が良いと思う」と共感の声が。

本の読み方についてはネットでも様々な意見が上がっており、“1冊だけ読む派”“平行して読む派”に分かれている様子。“1冊だけ読む派”の人からは、「1冊をちゃんと読み終わらないとスッキリしなくて次にいけない」「今読んでいる本を理解してから新しい本に手を出すのが普通じゃない?」といった声が上がっています。中には「今読んでいる本が難しくてもうやめたいけど、クセで最後まで読もうとしてる… 終わらない」といった声もあり、1冊ずつ読み進める人は真面目な人が多い印象。

一方、“複数読む派”の人からは「違うジャンルの本を同時進行で読むのが好き。途中で飽きた本はやめてまた新しい本を追加する」という人や「会社に行く時と帰りで違う本を読むし、家でも違う本を読んでる」と場面で読み分けている人もいるみたい。中には「リビング用、トイレ用、お風呂用とかあっちこっちに置いてる」という声もありました。

■10冊同時がいい!? 複数を並行で読むメリット

実は読書を複数平行して読むと色々なメリットがあります。同じジャンルの本を平行して読む場合は、より本のテーマについて深く理解することができるように。また違うジャンルを並行して読むと、他の本の情報が刺激となって、今読んでいる本を違った視点で見られるというメリットもあります。それだけでなく「どんな内容だったっけ」と考えたり、頭を切り替えたりするため、脳の活性化にもなるとか。

世間の声を見てみると“複数読む派”の人は大体2~3冊くらいを読んでいる人が多いようですが、中には「6冊同時で読書中。まわりの読書家の人は結構やってる」「私は5冊平行がちょうどいい」といった声も。世間には10冊同時並行で読むことを勧める書籍なども出ており、何冊が丁度いいかは人によってまちまちなよう。

1冊ずつ読んでいたという人は、一度複数を並行して読んでみると意外な発見があるかもしれませんよ。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】