夏野菜が冷蔵庫に溜まってきたら作りたい「ラタトゥイユ弁当」【大人気ブロガーの「東京弁当生活帖。」】(2)

#食 
南仏きどりで全粒粉のクロワッサンに冷蔵庫のカマンベールの残りをサンド

『新装版 東京弁当生活帖。』 2回【全10回】


月間100万PV超えという大人気ブログ「東京弁当生活。~お弁当と台所道具と暮らし、ときどき一人旅~」をご存知ですか? 運営するのは杉森千紘さん。
かつてIT企業に勤めていた杉森千紘さんは、超激務の影響もあり、朝食抜き、ランチ外食、夜はお菓子からの居酒屋メシと、日常的に食生活が乱れ気味だったそうです。当然のことながら食費も高額に…。

一念発起し、節約と健康のため2006年よりお弁当作りをスタート。
せっかくなら記録していこうとこっそりはじめた「東京弁当生活。」が、いつのまにか月間100万PV超えという大人気ブログに成長!

相次ぐ値上がりラッシュの影響もあり、節約も兼ねてお弁当作りをする方も増えている今、「明日のお弁当どうしよう?」と悩める方も少なくないはず。
杉森さんいわく「自分の『好き』をお弁当箱に詰めればよし!」ということで、
手作りのお弁当をもっとラクに、もっと楽しくするおススメのお弁当レシピとヒントをうかがいました。

ラタトゥイユ弁当

MENU

今回のお弁当内容

南仏きどりで全粒粉のクロワッサンに冷蔵庫のカマンベールの残りをサンド

★ラタトゥイユ(下記レシピあり)
クロワッサンサンド(ハム、カマンベール、レタス)/ゴールデンキウイ

夏野菜が冷蔵庫に溜まってきたら必ず作るのがラタトゥイユ。
作り方が簡単なので、ずっと昔、東京に来たばかりの学生の頃から作っているような気がしますが、逆にシンプルすぎてなかなかいまだにコレ! という味が決まらないメニューでもあります。
今日は南仏きどりで全粒粉のクロワッサンに冷蔵庫のカマンベールの残りをサンド。
フランスのお食事のイメージがいつまで経っても「ハムとチーズ」っていう単純さでどうもすいません。

夏野菜が冷蔵庫に溜まってきたら必ず作るのがラタトゥイユ

「ラタトゥイユ」

◆材料2人分
玉ねぎ…1/2個
ピーマン、なす…各1個
ズッキーニ…1/2本
人参…1/8本
にんにくのみじん切り…1/2片分
オリーブ油…大さじ1
塩…ひとつまみ
A
 カットトマト缶…1/2缶(約200g)
 スープの素(顆粒)、醤油…各小さじ1/2
 砂糖…小さじ1 
 白ワイン(あれば)…大さじ1
 塩、こしょう…各少々
 ローリエ…1枚

◆作り方
1 野菜類は一口大にカットする(人参はひと回り小さめに)。

2 鍋に油を中火で熱し、ピーマン以外の野菜とにんにく、塩ひとつまみを入れ、じっくり15分ほど炒める。

3 玉ねぎが透き通ってきたらピーマンを加えてさっと炒める。Aの材料を加え、蓋をしてときどき混ぜながら約15分煮る。蓋を取り、汁気がなくなるまで煮る。

●できたてより冷めて落ち着いた頃の方が美味しいです。

◆PROFILE
杉森 千紘/ブログ『東京弁当生活。』管理人。国際線CAとして勤務の後、東京でのIT企業勤めを経て、現在はフリーランス。2006年より節約と健康のため弁当作りをスタート。どうせならメモっておこうとこっそりはじめたブログ『東京弁当生活。』が、いつのまにか月間100万PV超えの人気に。愛用の台所道具などのコンテンツも人気を集める。現在は京都在住。

※本記事は杉森千紘著の書籍『新装版 東京弁当生活帖。』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)