時短調理の優秀グッズ! ツレヅレハナコさんを救った「ストウブの鍋」の魅力とは?
小型のストウブの鍋なら、ショートパスタも短時間で作れる!

食ブロガーとして人気のツレヅレハナコさん。毎日が大忙しです。そんなハナコさんが、へとへとの日でもこれさえあれば救われる!と教えてくれたのが、直径14cmのストウブの鍋。その優秀さをレシピつきで紹介してくれました。

●ショートパスタも短時間で作れます

とり肉とすりおろしたトマトで手早くスープを作って、ショートパスタを直接投入。厚手の鍋ならではの熱伝導で、ぷりぷりとした絶妙な食感の一皿に。パスタを別ゆでする必要がないのがうれしい!

【すりおろしトマトのショートパスタ】1人分511kcal、塩分1.3g

<材料・1人分と作り方>

とりもも肉1/2枚は2cm角、赤パプリカ1/2個は2cm四方に切る。玉ねぎ1/6個は1cm四方に切る。鍋ににんにくの薄切りとオリーブ油各適量を中火で熱し、とり肉の皮目を下にして入れ、焼き色がついたら玉ねぎを加える。トマト1個をすりおろして入れ、水100~130mlを注ぎ、煮立ったらペンネ30gとパプリカを加える。ふたをして8分煮て、塩少々で調味する。粉チーズ、パセリのみじん切り各適量をふる。

●鋳物でも楽に扱える大きさです

本格料理向きの鋳物鍋も、小型なら“気楽”と“本格的”の両立が可能。「ただの卵かけごはんだと寂しいけれど、この鍋なら、ご飯を炊いて卵を落とすだけでごちそうに」。使いやすさ抜群のサイズ感。すっと持てて洗うのもラクチンです。

●重みのあるふたのおかげで野菜も水なしで蒸せ、時短に

野菜を洗ったら、ざっと水けをきって鍋に入れ、ふたをして火にかけるだけ。「この鍋は水なしでも短時間で蒸せ、時短になって味もいいんです」。ふたをあけると、香りがすでにおいしそう!

【春野菜の蒸し焼き】1人分30kcal、塩分0.2g

<材料・1人分と作り方>

グリーンアスパラガス2~3本は根元 5~6cmの皮をむいて、4~5cm長さに切る。スナップえんどう5~6個は縦半分に裂く。ともに鍋に入れ、ふたをして中火にかける。3~4分蒸したら火を止めて塩少々をふり、オリーブ油適量を回しかける。

鋳物鍋=本格料理向き、の思い込みは禁物! 小型ならハナコさんのように手軽にいろいろな料理が楽しめそうです。