なんとレンチンだけでパリッパリ!おうちで簡単にできる「ベジチップス」

#食   
ベジチップス

家でお菓子を作るとなると材料も道具もいろいろ必要そうで手を出しにくいですよね。そこで片栗粉や残りご飯などを使った、買い物に行かなくてもできる簡単おやつをご紹介! 気負わずできて、節約にもなるおやつで癒されてください。

今回は揚げないからヘルシーなベジチップスです。

野菜で「ベジチップス」

野菜で

なんとレンチンで!揚げないのでヘルシー「ベジチップス」

[ 材料 (作りやすい分量) ]*全量でかぼちゃ30kcal/塩分0.1g れんこん26kcal/塩分0.1g
かぼちゃ ...30g※
れんこん ...30g※
粉チーズ ...大さじ1/2
※かぼちゃ、れんこんともに大きいものを用意し、スライスした後のものを計量する。

[ 作り方 ]
1.かぼちゃチップスを作る。かぼちゃは皮むき器で薄くそぎ、ペーパータオルで水けを拭き取る。

かぼちゃは身側から皮むき器で薄いリボン上にそぐ

【POINT】かぼちゃは身側から皮むき器で薄いリボン状にそぐ。

2.直径約25cmの耐熱皿になるべく重ならないように広げ、ラップをかけずに電子レンジで約2分加熱する。上下を返し、さらに電子レンジで約1分30秒加熱し、パリッとしたものは取り出す。残りはさらに約30秒加熱する。

かぼちゃは身側から皮むき器で薄いリボン上にそぐ

【POINT】乾燥しやすくするため、重ねず広げて加熱するのがコツ。

3.パリッとしたら器に盛り、粉チーズを半量ふりかける。

4.れんこんチップスを作る。れんこんはあればスライサーで輪切りにする(太いものは半月切りにする)。かぼちゃと同様に加熱し、残りの粉チーズをかける。好みで、粉チーズの代わりに砂糖をふりかけても。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

ペーパータオルを使うワザでレンチンなのにこんなにパリッパリに仕上がります。ヘルシーなベジップスは、お子さんのおやつにもぴったりですね!

調理/森崎繭香 撮影/佐々木美果 スタイリング/河野亜紀 栄養計算/スタジオ食 イラスト/ macco 編集協力/田久晶子

▼洗い物中のイライラ解消はこちら!


【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

レタスクラブ ’22年7月号より>

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

▶へとへとさんをお助けする情報が満載!






雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 7月号』情報はこちらから▼

今号の料理特集は、「食費を減らしたい!」。大袋野菜を賢く使いきる方法や、特売でまとめ買いをしたお肉の下味冷凍など、食材を残さず使い切るレシピをたくさんご紹介しています!/コウケンテツさんに教わる「豚しゃぶ肉」のレシピ/家にある食材で作れるおやつ/献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」/別冊付録「しんどくない片づけ術100」は前号に続き、80ページの永久保存版です/LETTUCE MEETSには小芝風花さんが登場/オトナのNEWS連載には小山慶一郎さんが/コミックエッセイも多数!レタスクラブ7月号をぜひお楽しみください。




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //