冷凍うどんなら一つの鍋で完成!洗い物も少ない「カレーうどん」

#食   
カレーうどん

何かと忙しい毎日、冷凍うどんがあれば、パパッと一品作れちゃいます。平日の一人ランチに、休日の家族のごはんに、役立つレシピがたっぷりです!

材料をフライパンか鍋に入れ、火にかけたらほったらかし。加熱の間は手があくうえ、具材のうまみがうどんにしみこみ、おいしさも倍増のほったらかしうどんをご紹介します。

カレーうどん

粗くほぐしたひき肉が、食べごたえあり。ルウを使えば、とろみづけ不要

冷凍うどんなら一つの鍋で完成!洗い物も少ない「カレーうどん」

[ 材料・2人分 ]*1人分473kcal/塩分3.7g
冷凍うどん ...2玉
豚ひき肉 ...150g
にんじん ...1/3本(約50g)
玉ねぎ ...1/4個
ピーマン ...2個
カレールウ ...2かけ(約40g)
みりん しょうゆ

[ 作り方 ]
1.冷凍うどんを水にさっとくぐらせて直径約22cmの鍋に入れ、ひき肉を広げてのせる。

2.にんじんは細切りにし、玉ねぎは縦薄切りにする。ピーマンは縦半分に切って1.5cm幅の斜め切りにする。カレールウは刻む。順に1に広げてのせ、水2と1/2カップ、みりん、しょうゆ各小さじ2を加える。

具材をまとめて入れるだけ!

3.強火にかけ、煮立ったらふたをして、弱火で約10分煮る。ふたを取り、ひき肉を粗くほぐしながら混ぜ、強火でさっと煮る。

*  *  *

急にカレーうどんが食べたくなったときにも、鍋一つですぐ作れるレシピ。粗くほぐしたひき肉とたっぷりの野菜が入って栄養バランスもバッチリです!

調理/小林まさみ 撮影/鈴木泰介 スタイリング/浜田恵子 イラスト/中根ゆたか 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田子直美

▼100均アイテムでキッチンスペースの有効収納術はこちら!


【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

レタスクラブ ’22年7月号より>

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


▼人気料理家・今井亮さんの「ピーマンの丸ごと蒸し焼き」はこちら!





雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 8月号』情報はこちらから▼

今号の料理特集は「夏ランチはぶっかけ麺&ご飯」!/加熱なし!ぶっかけ/レンチンで簡単!ぶっかけ/そうめんで栄養もしっかりとる!/レンジ下ごしらえのスゴ技/プロ&読者が選んだ冷凍食品/極上フローズンヨーグルト/キッチンの正しい拭き掃除/熱中症&夏バテを予防する簡単テク/離れて暮らす親の見守り方/人生がラクになる! 女性ホルモンのABC…ほか。献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」/別冊付録「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本(ダイジェスト版)/とじこみ付録「まとめ仕込み」で時短なすBOOK/LETTUCE MEETSには北川景子さんが登場/オトナのNEWS連載はSpecial!/コミックエッセイも多数!レタスクラブ8月号をぜひお楽しみください。




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //