イタリアンシェフ直伝!余ったドライハーブ系スパイスを消費し尽くす方法教えます

#食   
モリーカを野菜の素揚げのトッピングに

使い道が限られるために、長期滞在しがちな「ドアポケット系食材」。なかでもドライハーブ系のスパイスは、使用する機会も量も少ないから、余ってしまってたまりがち。そこで、イタリアンシェフの関口さんに教えてもらったのが、とっておきのドライハーブ系スパイスの消費ワザ「モリーカ」。本場イタリアでは「貧乏人のチーズ」とも呼ばれ、ハーブをたくさん消費できるうえ、種類も問わない、懐深いふりかけです。その作り方と使い方を伝授します。

*  *  *

▶︎教えてくれたのは
おせっかい料理人
関口幸秀さん
首都圏を中心に展開するイタリアンレストラングループ統括料理長を経て、現在は一般社団法人#CookForJapan の理事やポップアップレストランを開催するフリーランス料理人。Twitterの「#教えて消費レシピ」がバズり200種以上のレシピが生まれている。出店に向けてただいま物件探し中 @yukihide_lion

何にでも使える便利な洋風ふりかけ「モリーカ」の作り方

[材料]
・パン粉
・粉チーズ
・手元にあるドライハーブなんでも

洋風ふりかけ「モリーカ」材料

*モリーカは本来高価なチーズの代用品なのでチーズは入れませんが、今回はコクを足すために粉チーズも加えています。

[作り方]
細かくしたパン粉をフライパンでいり、茶色くなったらバジルやタイムなどのドライハーブを加え火を止める。粗熱が取れたら粉チーズも加える。パン粉1に対し粉チーズ1/4、ハーブはお好みで(粉チーズの半量ほどまで)。

モリーカ


モリーカはこんな使い方ができます!

おしゃれで深い味わいの洋風ふりかけモリーカは、たとえばこんな料理に加えてみるとおいしいですよ。

スープに浮かべてコクを出す

クルトンのような感覚でスープに浮かべるとコクがアップ。イタリアンならローズマリー、エスニック風ならクミンなど、入れるハーブの種類で変化をつけて。

モリーカをスープに浮かべてコクを出す


野菜の素揚げのトッピングに

冷蔵庫にある野菜を素揚げにして、仕上げにモリーカをかければ、お酒にも合うおしゃれなイタリアンの前菜に。スパイスが野菜のうまみを引き立てます。

モリーカを野菜の素揚げのトッピングに


サラダチキンにかければメインディッシュに

サラダチキンを裂き、あればレタスやきゅうりなども混ぜたら、そこにドレッシング代わりにたっぷりモリーカをかけて。あっさりだけど満腹感のある一品に。

モリーカをサラダチキンにかければメインディッシュに


*  *  *

パン粉がいい仕事をし、ハーブで風味がアップするモリーカ。こんなふうに、いつもの料理に取り入れてみれば、きっとワンランク上のおいしさに出会えますよ!ほかの「ドアポケット系食材」も上手に使い回してみてくださいね。

監修/関口幸秀 撮影/林 ひろし 編集協力/宇野津暢子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

▶︎教えてくれたのは
おせっかい料理人関口幸秀さん
首都圏を中心に展開するイタリアンレストラングループ統括料理長を経て、現在は一般社団法人#CookForJapan の理事やポップアップレストランを開催するフリーランス料理人。Twitterの「#教えて消費レシピ」がバズり200種以上のレシピが生まれている。出店に向けてただいま物件探し中@yukihide_lio

<レタスクラブ 2022年12月号より>







雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 12月増刊号』は創刊35周年記念スペシャル号!豪華4大付録付き!!▼

特別付録は底が広くて使いやすい「SNOOPYエコバッグ」!!底が広いので食材の片寄りも無くなり、お買い物のときに重宝すること間違いなしです!料理特集は「お安い肉で冬のごちそう」クリスマスや年末年始にぴったり!コスパのいいお肉を使った驚きの本格「ごちそう肉メニュー」!/体の芯から燃やす冬の冷えには「温しょうが」/毎日のごはん作りの力強い味方!「殿堂入り時短食品2022」/肉や野菜のロスをゼロに!「ハンパ食材冷凍保存&活用シート」/食費が減ったと大好評!「平日5日×4週分の献立カレンダー12月」/年末年始に大活躍!賛否両論・笠原将弘さんのおつまみBOOK/オトナのNEWS連載小山慶一郎さん!/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ12月増刊号をぜひお楽しみください。





ストローで!?お菓子袋の閉じ方 #Shorts
LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)