鶏むね肉なのにピザみたい! 「鶏肉とピーマンの和風チーズ蒸し」

#食   

夏になると、半袖などで露出が増えるぶん、一層自分の体型が気になりますよね。私もどうすれば痩せられるのかと、日々あれこれ考えています。でも、おいしいものって不思議なくらい太る……。おいしくて食べごたえもあって、ダイエット食っぽくないおかずのレパートリーがほしい!

そう思っていたところ、『3分クッキング』7月号の特集「夏の野菜で和のおかず」内に気になるものを発見しました。

この「鶏肉とピーマンの和風チーズ蒸し」は、薄くそぎ切りにした鶏むね肉に片栗粉をまぶして敷きつめ、その上にみそだれとピーマン、チーズを乗せて焼いたもの。小麦粉は一切使っていないし、片栗粉も肉にまぶす分だけ。つまり、糖質オフなのに出来上がりが完全にピザ! これはぜひとも試したい! ということで、早速作ってみました。

輪切りにすると見た目も華やか「鶏肉とピーマンの和風チーズ蒸し」

ピーマンを輪切りにすると見た目も華やか
「鶏肉とピーマンの和風チーズ蒸し」


材料(2人分)

ピーマン……6個(約200g)
鶏胸肉(皮なし) ……1枚(250g)
(片栗粉適量)
みそだれ
・みそ、みりん……各大さじ1
ピザ用チーズ……70g
●油

作り方

1 ピーマンはヘタと種を除き、5mm幅の輪切りにする。鶏肉は1cm厚さの大きめのそぎ切りにして片栗粉を薄くまぶす。みそだれの材料は混ぜる。

2 フライパンに油大さじ1/2を熱し、鶏肉を入れる。2分ほど焼いて返し、1分ほど焼く。

3 鶏肉にみそだれをぬり広げ、ピーマンを重ね入れてチーズをのせる。フライパンの縁から水大さじ1をまわし入れ、ふたをして弱めの中火で3分ほど蒸し焼きにする。フライパンごと食卓に出す。

◆◆◆

片栗粉をまぶすことで鶏むね肉がしっとりして、かつ表面はカリッと香ばしく仕上がります。みそとみりんを混ぜ合わせたみそだれも、全体にコクをプラスしてくれるいいアクセントになっています。チーズとの相性も抜群! また、輪切りにしてたくさん乗せたピーマンのシャキシャキとした歯ごたえやほろ苦さが、食べごたえと味の引き締め効果を発揮していました。これならいくらでもピーマンが食べられそう……!

普段のおかずとしてはもちろん、ダイエット中でも罪悪感少なめで食べられるピザ(仮)として、とても重宝しそうです。私も、普段の食事に積極的に取り入れていこうと思います!

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information

ほっとする味!夏の野菜で和のおかず
大特集は、「夏の野菜で和のおかず」。きゅうり、なす、ピーマン、トマト、ゴーヤ、かぼちゃ、オクラ、冬瓜。8種類の野菜別で、ごはんに合う和のおかずをご提案します。きゅうりは肉で巻いたり炒めたり。なすはカレー煮や和風カツも登場。ほか、鶏スペアリブとピーマンのくたくた煮や、あじのトマト南蛮漬け、ゴーヤの肉詰め蒸しなど、定番とはひと味違うアイデアおかずを28品掲載。煮ものだけではない冬瓜の調理法も必見です。ぜひ早速お試しください。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は新しょうがを使った「ジンジャーシロップ」。また、お得食材の3変化レシピを紹介する連載の今回のテーマは「はんぺん」です。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //