お疲れ女子におすすめ! バスタイムはやわらかい明かりでヒーリング

#美容・健康 
たまにはのんびり入浴しませんか


家事に仕事に子育てに、毎日がんばっている自分に、たまにはごほうびをあげましょう。いつもは子どもと一緒で慌ただしくなりがちなお風呂も週1回、月1回でもいいからゆっくり入りませんか?

好きな香りに包まれたり、丁寧に肌やボディをケアしたり…心も体もリフレッシュすれば、明日からまた家族のために笑顔でいられます。ダイエットエキスパートの和田清香さんが、心も体もほぐすリラックス法を教えてくれました。

【やわらかい明かりで心をほぐす】


教えてくれた和田清香さんは、大のお風呂好き


暗がりの中で揺れる小さな光は、それ自体が癒しに。電気を消して、ぼーっと眺めているだけで、副交感神経が優位になり、リラックスする効果があります。湯船に浮かべられる電池式のミニライトや、アロマポット兼用のバスライトなど、明かりでバスタイムをランクアップさせて。

●キャンドル

【写真を見る】アロマキャンドルでスパ感覚のバスタイムを楽しんで


香りがあるものをチョイスすれば、視覚と嗅覚の両方から癒しにアプローチ。スパ感覚でお風呂タイムが楽しめます。

●プラネタリウム

バスルームが一瞬にして星でいっぱいになる、浴室用のプラネタリウムも人気。満天の星に包まれて入浴を。

夏の疲れがたまった体を癒すには、のんびり入浴がぴったり。スパやエステに行かなくても、自宅で簡単に、しかも贅沢に自分を甘やかしてあげられます!

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:和田清香さん
ダイエットエキスパート。NYで学んだボディケア法と、数々のダイエット法を体験して得た知識と分析力を生かし、各種メディアで活躍中。お風呂好きで、著書『着圧ハイウエストレギンス入浴で脚・おなか・ヒップやせ』(主婦の友社)では入浴プラスαのユニークなダイエット法も紹介して話題に。

編集協力=石原輝美、岩越千帆(smile editors)、柿沼曜子


おすすめ読みもの(PR)