おもてなしにも最適! 秋の根菜をおいしく食べる洋風煮ものレシピ 画像(1/2) みそをかくし味にし、ほんのり和風

根菜がおいしくなる季節です。ごぼう×牛肉のベストコンビを、和風テイストを残しつつ、イタリアンな一品にして楽しみませんか。

ポイントは、トマトジュースベースの煮汁。かくし味のみそとはちみつで風味とコクがグッとアップします。ご飯はもちろん、バゲットやワインにも合うので、おもてなしにもぴったり!

 

【牛肉と根菜のトマトジュース煮】

<材料・2人分>

牛切り落とし肉150g、粉チーズ適量、ごぼう1本、ブロッコリー1/2個、煮汁(トマトジュース/食塩不使用小1缶(約160ml)、みそ大さじ1、顆粒スープの素・はちみつ各小さじ1、水大さじ4)、小麦粉、オリーブ油

<作り方>

1.ごぼうは包丁の背で皮をこそげ、細めの乱切りにし、水にさらす。ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむいて7~8mm幅の短冊切りにする。牛肉は5cm幅に切って、小麦粉大さじ1をまぶしつける。

2.フライパンにブロッコリーを入れて水大さじ3をふり、ふたをして火にかけ、2~3分蒸して、いったん取り出す。

3.フライパンをさっと拭いてオリーブ油大さじ1/2を熱し、牛肉を入れて炒め、肉の色が変わったらごぼうの水けをきって加え、炒め合わせる。ごぼうの表面が透き通ってきたら煮汁を加え、煮立ったらふたをして弱火で7~8分煮る。ふたを取って2を加え、中火にしてさっと煮る。器に盛り、粉チーズをふる。

(1人分410kcal、塩分1.9g、調理時間20分)