ひとつの鍋で3度おいしい! 味チェンジ素材で脱マンネリ鍋 画像(1/4) だしの効いたこの鍋が、まさかあの味に変わるとは…!

寒い→今日も鍋!と、安易に鍋に頼ってしまうのが冬のお約束。でもお決まり鍋メニューのルーティンで、ちょっと飽きたなと思うときも……。そんなときこそ、「とりごぼうつくねの寄せ鍋」の出番です。

まず最初はシンプルな寄せ鍋で、とりつくねとごぼうのうまみをたっぷり味わいます。ちょっと飽きてきたなと思ったら、“味チェンジ素材”カレールウを投入! さらに油揚げもプラスして、コクうまスパイシー鍋に大変身。

最後の締めは、日本そばで。おそば屋さんで食べるような和風カレーそばに、お腹も心も大満足するはずです。

 

【とりごぼうつくねの寄せ鍋】


<材料>(作りやすい分量・4人分)

とりごぼうつくね(とりひき肉300g、溶き卵1個分、ごぼう1/3本(約50g)、玉ねぎのみじん切り1/2個分、しょうがのすりおろし1/2かけ分、塩、粗びき黒こしょう各小さじ1/3)、長ねぎ1本、春菊1わ、しいたけ6枚、煮汁(だし汁5カップ、みりん大さじ4、酒1/4カップ、しょうゆ大さじ2、塩小さじ1/2)、味チェンジ素材(カレールウ20g、油揚げ1枚)、酢


<作り方>

(1)ねぎは3~4cm長さの斜め切り、春菊は4cm長さに切る。

(2)とりごぼうつくねを作る。ごぼうはたわしでよくこすってささがきにする。酢水に約5分さらしてざるに上げ、ペーパータオルで水けを拭く。ボウルにごぼう以外の材料を入れて練り混ぜ、粘りが出たらごぼうを加えてさらに混ぜる。

(3)土鍋に煮汁の材料を入れ、火にかける。煮立ったら2を一口大に丸めて次々加える。時々アクを取りながら約5分煮て、ねぎ、しいたけを加えてさらに1~2分煮る。春菊を加え、さっと煮る。

 

ひとつの鍋で3度おいしい! 味チェンジ素材で脱マンネリ鍋 画像(4/4) まずは油揚げ入りの和風カレー鍋にチェンジ

(4)半分くらい食べ終えたら、味チェンジ素材のルウを刻んで、加えて混ぜる。油揚げは熱湯を回しかけてから横1cm幅に切って加える。

 

ひとつの鍋で3度おいしい! 味チェンジ素材で脱マンネリ鍋 画像(8/4) 締めは和風カレーそばに!

(5)鍋のしめには、別の鍋でゆでたそばを、味チェンジした鍋の残ったスープに加えてひと煮立ちさせる。器に盛り、好みで長ねぎの小口切りをのせても。おそば屋さんのような和風カレーそばの味に!

(252kcal、塩分2.8g)