作る過程も盛り上がる! もっちもち食感がおいしい「とりごぼうのすいとん鍋」 画像(1/2) もっちもちのすいとん入り鍋は、満足感もたっぷり!

はっと、ひっつみ、とってなげ……。全国各地で、さまざまな呼び名で親しまれているすいとん。小麦粉を水で練って作るすいとんは、もっちもちの食感で腹持ちも◎。鍋に入れればだし汁をたっぷり吸って、主役級のおいしさに!

「とりごぼうのすいとん鍋」のレシピなら、手を汚さずに簡単に作れるのでぜひ一度おためしを。作る過程も楽しいので、食卓の会話もグンと盛り上がりますよ。

 

◆とりごぼうのすいとん鍋


【材料】(3~4人分)

とりもも肉 2枚(約500g)、ごぼう 1/2本、せり 1わ、里いも 8個、すいとんの生地(小麦粉 100g、溶き卵 2個分、水 大さじ1と1/2、塩 少々)、酒、しょうゆ、塩


【作り方】

(1)ごぼうはささがきにし、水に約3分さらしてざるにあけ、水をきる。せりは3cm長さに切る。里いもは大きめの乱切りにし、水に約5分さらしてざるにあける。とり肉は一口大に切る。

(2)鍋に1の里いもと、里いもがかぶるくらいの水を入れて強火にかける。煮立ったら中火にして約5分、下ゆでをする。水にとってぬめりを洗い流し、ざるにあけて水をきる。

(3)ボウルにすいとんの生地の材料を入れ、ゴムべらで粘りが出るまでよく混ぜる。

(4)鍋に1のとり肉とごぼう、酒大さじ2、水5~6カップを入れて火にかける。煮立ったら弱火にしてアクをを取り、2の里いもを加えてさらに約5分煮る。しょうゆ大さじ2、塩小さじ1/4を順に加え、里いもがやわらかくなったらせりを加えて食べる。

(5)鍋の具が少なかったら、シメを作る。すいとんの生地を大きめのスプーンで1杯ずつ落として煮る。すいとんが固まって浮いてきたら、さらに約2分煮る。

(447kcal、塩分2.1g)