まるで揚げたような仕上がりに!? えびフライを電子レンジで作る方法 画像(1/2) 「なんちゃってえびフライ」

ぷりぷりとした食感が特徴で、大人も子どもも大好きなえびフライ。食べたいと思っても、「揚げものを家で作るのは面倒くさいなぁ…」と躊躇してしまいますよね。そこで今回は、揚げずにできる「なんちゃってえびフライ」をご紹介。加熱は電子レンジにお任せするので、手間のかかる工程を省けて時短につながります。

ポイントはえびにまぶしつけた揚げせんべい。めん棒で細かく砕いたものを使えば、揚げ立てのようなサクサク感を楽しめます。レタスやきゅうりなどの野菜と一緒に盛りつければ、洋食屋さんで出てくるようなえびフライができ上がり。


なんちゃってえびフライ

【材料・2人分】

えび 大6尾、レタス 2~3枚、きゅうりの薄切り 1/2本分、にんじんのせん切り 少々、揚げせんべい 2枚(約20g)、小麦粉、塩、こしょう

【作り方】

1. えびは尾と尾から1節を残して殻をむき、背わたを除き、尾の先を切り落として水けをしごき出す。腹側に切り目を数カ所入れてまっすぐに。揚げせんべいはめん棒で細かく砕く。

2. ボウルに小麦粉、水各大さじ2、塩、こしょう各少々を入れ、よく溶き混ぜる。えびにつけ、揚げせんべいをまぶしつける。

3. 電子レンジの耐熱皿にペーパータオルを3枚重ねてのせ、えびを放射状に並べる。電子レンジで約1分30秒加熱し、返して位置を変え、さらに30秒~1分加熱する。

まるで揚げたような仕上がりに!? えびフライを電子レンジで作る方法 画像(3/2) 間隔をあけて放射状に並べて加熱むらを少なくする。位置を変えて再加熱することで、さらに加熱むらをなくす

4. 器に盛り、レタスをちぎってきゅうり、にんじんを混ぜて添える。好みでレモンを搾っても。

(1人分167Kcal、塩分1.0g)

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。


えびの背わたを取り除くときは、殻の2節目と3節目の間に竹串などを刺せばOK。ゆっくり上に引き上げれば、黒い背わたがきれいに出てきます。揚げたときに丸まらないよう、腹に3~4カ所程度切り込みを入れるのも忘れずに行ってくださいね。