大人数のシェアにもぴったり! フライパンのまま取り分け可能なオムライス 画像(1/2) 「フライパンオムライス」

オムライスといえば洋風料理の定番ですが、ご飯を包む時に卵が破れたり、形が崩れたりときれいに作るのが難しいですよね。でも「フライパンオムライス」なら包む作業が必要なく、そのまま食卓に出せるので便利。ボリューム満点なので特別な日の食事や大人数でのシェアにもぴったりです。

作り方はとっても簡単♪ 炒めたご飯に半熟状の卵を乗せたら、最後にピザ用チーズをトッピングします。余熱でチーズを溶かせば、とろとろふんわりの食感に。ご飯の味つけに利用するケチャップは煮詰めて酸みをとばすことで、まろやかな味に仕上がりますよ。

フライパンオムライス

【材料・2〜3人分】

とりむね肉 小1枚(約200g)、卵液(溶き卵 4個分、塩、こしょう 各適量)、ピザ用チーズ 50g、玉ねぎ 1/4個、さやいんげん 6本、ホールコーン缶 大さじ3、温かいご飯 どんぶり2杯分、バター、サラダ油、トマトケチャップ、塩、こしょう

【作り方】

1. 玉ねぎは粗みじん切りにする。いんげんは1cm幅に切る。とり肉は7~8mm角に切る。

2. フライパンにバター大さじ1を溶かして卵液を流し入れ、強火にし、菜箸などで大きく手早くかき混ぜる。半熟状で火を止め、いったん取り出す。

3. フライパンにバター、油各小さじ2を熱し、1とホールコーンを約2分炒める。ご飯を加えて炒め合わせ、端に寄せる。あいているところでケチャップ大さじ5~6を熱し、煮詰まって色が濃くなってきたらご飯と混ぜ合わせる。塩小さじ1/3、こしょう適量をふり、平らに広げる。

4. 2の卵をご飯の上にのせ、チーズを散らす。ふたをして火を止め、余熱で蒸らしてチーズを溶かす。

大人数のシェアにもぴったり! フライパンのまま取り分け可能なオムライス 画像(3/2) 半熟卵を戻し入れる際、なるべく形をくずさないように、へらなどでスライドさせるようにのせるとよい。

お料理メモ

このレシピでは基本、直径26cmのフッ素樹脂加工のフライパンを使用しています。

(1人分642Kcal、塩分2.0g)

とりむね肉や玉ねぎにプラスして、夏に旬をむかえるさやいんげんを使用します。ホールコーンも一緒に炒めれば、彩りよく具だくさんになるので一石二鳥。具材は少し大きめにカットして、存在感を残しましょう。