冷蔵庫の豆腐を使って♪ お昼ご飯にもおすすめの麻婆豆腐丼3選 画像(1/3) 「麻婆豆腐丼」

朝晩のご飯を準備するだけでも大変なのに、休日ともなるとランチまで作らなければなりません。何だか1日中キッチンにいるような気がして、うんざりしてしまうことも。そんな時は、パパッとすぐにできるどんぶりものにチャレンジしてみましょう。ピリ辛の麻婆豆腐丼なら、簡単に作れる上に1品で舌もお腹も大満足できるはずですよ。

麻婆豆腐丼

【材料・2人分】

豚ひき肉 100g、絹ごし豆腐 大1/2丁(約200g)、長ねぎのみじん切り 1/6本分、温かいご飯 どんぶり2杯分、合わせ調味料(しょうゆ 大さじ1、ごま油 小さじ1、とりガラスープの素、砂糖、おろししょうが 各小さじ1/2、豆板醤[トウバンジャン] 小さじ1/3)、粉ざんしょう 少々、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1/2+水 大さじ1)

【作り方】

1. 耐熱ボウルにひき肉、合わせ調味料を入れて混ぜ、ふんわりラップをかけ、電子レンジで約3分加熱する。

2. 豆腐は1.5cm角に切って1に加え、再び約2分加熱する。熱いうちに、水溶き片栗粉を加え、さらに約1分加熱し、ねぎを加えて混ぜる。

3. 器にご飯を盛り、2をかけ、粉ざんしょうをふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分509Kcal、塩分1.9g)

材料を用意したら、あとの調理は電子レンジにお任せ。それぞれの食材にちょうどよく火が通るように、何度かに分けて加熱するのがポイントです。最後に粉ざんしょうをふって、香りよく仕上げてくださいね。

肉なし麻婆丼

たっぷりの豆腐でヘルシーに。ザーサイを入れて、コリコリした食感とうまみをプラスします。

冷蔵庫の豆腐を使って♪ お昼ご飯にもおすすめの麻婆豆腐丼3選 画像(3/3) 炒めたザーサイのコクがたまらない!「肉なし麻婆丼」

塩麻婆豆腐丼

バターをきかせた「塩バターそぼろ」に豆板醤を足し、あっさり麻婆を作ります。にらを加えて彩りをアップ。

冷蔵庫の豆腐を使って♪ お昼ご飯にもおすすめの麻婆豆腐丼3選 画像(6/3) 「塩麻婆豆腐丼」

文部科学省の「食品成分データベース」によると、もめん豆腐のカロリーは100gあたり72Kcal。絹ごし豆腐に至っては56Kcalとさらに低カロリーです。ダイエットが気になる今の時期、ヘルシーな食材でおいしいどんぶりを作ってみては?