これはリピ決定! 甘辛たれがたまらない簡単ワンボウルメニュー「とりとなすのごまかば焼き丼」 画像(1/2) こってりした甘辛ごま味で白飯が進む

特売のとりむね肉が手に入ったら、思い出していただきたいのが「とりとなすのごまかば焼き丼」。甘辛味のたれがからんだとりむね肉は、しっとりやわらか。なすもとろ~りとろける食感で、ご飯がもりもり進む丼メニューです。休日のランチにも、ガッツリ食べたい日の夕食メニューにも、フライパンひとつでできる簡単レシピは重宝すること間違いなし! 今が旬のなすは、低温に弱い野菜。2~3日なら常温で、それ以上長く保存するときは冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないようポリ袋に入れて保存して。


とりとなすのごまかば焼き丼

【材料】(2人分)

とりむね肉 小1枚、なす 2個、万能ねぎの小口切り 適量、温かいご飯 小どんぶり2杯分(約350g)、合わせ調味料(白すりごま 大さじ1、酒、しょうゆ、みりん 各大さじ1と1/2、砂糖 大さじ1/2)、片栗粉、サラダ油


【作り方】

1.なすは1cm厚さの輪切りにする。とり肉は皮を除き、7~8mm厚さ、一口大のそぎ切りにする。ともに片栗粉を薄くまぶす。

2.フライパンに油大さじ1を中火で熱し、とり肉、なすをなるべく重ならないように並べ入れて約2分焼く。なすにこんがりと焼き色がついたらともに上下を返して、さらに約1分焼く。

3.合わせ調味料を加え、煮立たせながら照りよくからめる。

これはリピ決定! 甘辛たれがたまらない簡単ワンボウルメニュー「とりとなすのごまかば焼き丼」 画像(3/2) 【写真を見る】肉に九割方火が入ったところで合わせ調味料を加える。手早くからめて肉に火を入れ過ぎない

4.どんぶりにご飯を盛り、3をのせ、万能ねぎを散らす。

(1人分585kcal、塩分2.0g)