残ったお餅が絶品おやつに! 和洋の味わいが斬新な「シナモン黒ごまおかき」 画像(1/2) 「シナモン黒ごまおかき」

正月に向けてたくさん買い込んだ「もち」は、余ってしまいがちですよね。きな粉もちや磯辺巻き、納豆もちといったメニューにアレンジしても、やはり「もち」は「もち」。飽きてしまい、気づいたら在庫の賞味期限が迫っていることも。

今回は、そんな「もち」を活用した「シナモン黒ごまおかき」を紹介します。小さくカットした「もち」をフライパンで揚げ焼きにすれば、カリッとした歯ごたえに。軽い食感はおやつやおつまみにぴったりです。黒すりごまのコクとシナモンパウダーの香りをまとわせ、手作りならではのおいしい「おかき」に変身させてくださいね。

シナモン黒ごまおかき

【材料・2人分】

もち 2個、黒すりごま 大さじ1、シナモンパウダー 少々、サラダ油

【作り方】

1. ボウルに黒ごま、シナモンパウダーを入れて混ぜる。

2. もちは縦半分、横5等分に切る。フライパンに油を1cm深さに入れて低温(約160℃)に熱し、もちを入れて約1分揚げ焼きにする。揚げ色がついたら上下を返し、全体にこんがり揚げ色がつくまでさらに1~2分揚げ焼きにする。揚げ色がついたら上下を返す。もちがくっついてもそのまま揚げ焼きにし、取り出してからキッチンばさみで切って。

3. 取り出して油をきり、熱いうちに1に加えてあえる。

(1人分165Kcal、塩分0.0g)

もちがかたくて切れない場合は、大根ともちを交互に切ってみましょう。大根に含まれるアミラーゼの力で、滑らかにもちを切れるようになりますよ。

残ったお餅が絶品おやつに! 和洋の味わいが斬新な「シナモン黒ごまおかき」 画像(3/2) 牛乳を使ってやさしい甘さに仕立てた「もちのかぼちゃミルク汁粉」もおすすめ!