ごぼうの歯ごたえがやみつきに♪ 甘みそが食欲をそそる「豚のみそ漬け焼き」 画像(1/2) 「豚のみそ漬け焼き」

食材の内側まで味がしっかりしみ込んだ「漬け焼き」は、奥深い味わいを楽しめるメニュー。「粕漬け」や「西京漬け」などさまざまな「漬け焼き」がありますが、中でも「みそ漬け」はほどよい塩けとコクを感じられる1品です。

今回は、「豚のみそ漬け焼き」を紹介しましょう。豚ロース肉を漬けこむ「みそだれ」には、みりんや砂糖を加えてやさしい甘みをプラス。多めの油でこんがりと焼き上げれば、こうばしい風味が口いっぱいに広がります。肉の上にはししとうがらしやごぼうをトッピングして、野趣あふれるうまみを堪能してくださいね。

豚のみそ漬け焼き

【材料・2人分】

豚ロースソテー用肉 2枚(約240g)、ごぼう 1/2本、ししとうがらし 6本、みそだれ(みそ 大さじ3、みりん 大さじ1、砂糖 小さじ1)、塩、粗びき黒こしょう、サラダ油

【作り方】

1. 豚肉は脂と赤身の間に数カ所切り目を入れ、バットに並べて塩、こしょう各少々をふる。みそだれの材料を混ぜて両面にぬり、約10分おく。ごぼうは皮をこそげ、ささがきにして水に放し、ししとうは1~2カ所包丁の刃先で刺す。

2. フライパンに油大さじ2を入れて弱めの中火にかけ、油がぬるいうちに、豚肉をたれを軽くぬぐって入れ、さわらずに3~4分焼く。あいているところでししとうもさっと焼いて取り出す。肉の表面が白くなってきたら上下を返し、弱火にしてふたをし、チリチリと音がしてくるまで2~3分焼いて器に取り出す。

3. 続けてごぼうの水けをきって、1のバットに残ったたれとともに入れ、たれをからめるように軽く炒めて肉にのせ、ししとうを添える。

(1人分507Kcal、塩分3.2g)

ごぼうの味や香りは皮の近くにあるので、皮をこそげ過ぎないようにしましょう。皮むき器などは使わず、たわしでこすり洗いするだけでじゅうぶん。ささがきにした後は5分程度水にさらし、アク抜きするのがおすすめです。

ごぼうの歯ごたえがやみつきに♪ 甘みそが食欲をそそる「豚のみそ漬け焼き」 画像(3/2) グリルで香ばしく仕上げた「豚ロースのにんにくみそグリル」もおすすめ!