焼かずに作れる! おやつの時間に食べたいレアチーズケーキ3選 画像(1/3) 「レアチーズケーキ」

粉類をふるったり、オーブンを温めたりと、ケーキ作りは面倒なイメージがありますよね。でも「レアチーズケーキ」なら、材料を混ぜ合わせて冷やすだけでOK。手間をかけずにフレッシュなおいしさを堪能できます。ティータイムを豊かにするおやつを作って、優雅なひと時を過ごしてみては?

レアチーズケーキ

【材料・直径15㎝の底がはずせる丸型1台分】

ボトム(ビスケット 8枚[約38g]、バター[食塩不使用] 25g)、生地(クリームチーズ 200g、プレーンヨーグルト[無脂肪] 200g、砂糖 70g、粉ゼラチン 5g、レモン汁 小さじ1、バニラエッセンス 少々)

【下ごしらえ】

1. バターは耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジで約20秒加熱して溶かす。

2. クリームチーズはラップで包み、電子レンジで約40秒加熱し押すと指がすっと入るくらいにやわらかくする。

3. 耐熱容器に熱湯1/4カップを入れ、粉ゼラチンをふり入れてよく混ぜ溶かす。

【作り方】

1. ファスナーつき保存袋にビスケットを入れ、空気を抜いて口を閉じ、めん棒でたたいて細かく砕く。めん棒を転がしさらに細かくする。

2. 溶かしたバターを1に加え、全体になじむようによくもんで混ぜる。型に入れ、スプーンの背などでしっかりと押さえつけて敷き詰める。

3. ボウルにクリームチーズを入れて泡立て器でなめらかになるまで練り、砂糖、ヨーグルト、レモン汁、バニラエッセンス、ゼラチン液の順に加え、そのつどよく混ぜる。こし器(または目の細かいざる)でこし、型に流し入れる。

4. 冷蔵室で3時間以上冷やす。ぬれぶきん2枚を電子レンジで約20秒加熱し、型の底には約30秒、側面には約10秒当てて型からはずすときれいにはずせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1/8切れ177Kcal)

無脂肪タイプのヨーグルトを混ぜると、カロリーダウンにつながります。クリームチーズとヨーグルトの割合を1:1にするのがポイント。コクがありながらさっぱりした味わいを楽しんでくださいね。

レアチーズムース

つのがピンと立つまで泡立てたメレンゲで、ふわふわとやさしい口当たりに。ムースは上から下へ押し出すと、すき間ができにくくなります。

焼かずに作れる! おやつの時間に食べたいレアチーズケーキ3選 画像(3/3) 少量でも満足感はじゅうぶん!「レアチーズムース」

いちごのスコップチーズケーキ

甘酸っぱいいちごをたっぷりトッピングしましょう。赤と白のコントラストが美しく、見た目も華やかなケーキです。

焼かずに作れる! おやつの時間に食べたいレアチーズケーキ3選 画像(6/3) 「いちごのスコップチーズケーキ」

ひんやり冷たい「レアチーズケーキ」は、寒い時期にぴったりのホットドリンクと相性抜群です。香りのよいコーヒーや紅茶、ほんのり甘いココアなど、お好きなドリンクと組み合わせて召し上がれ。