フライパンで作ってそのまま食卓にドン! おこげがこうばしい「フライパン焼きビビンバ」 画像(1/2) 「フライパン焼きビビンバ」

料理を見た目よく仕上げたいなら、盛りつけ方にも工夫が必要。とはいえ、1人分ずつ丁寧に具材をのせるのは手間がかかりますよね。そんな時は、豪快にフライパンごと食卓に並べてみては? インパクトの大きさもさることながら、湯気が出ているうちに食べ始められるのも大きなメリットです。

今回は、「フライパン焼きビビンバ」をご紹介。牛焼き肉用肉を焼いた後、うまみが残っているフライパンでご飯を炒めるのがポイントです。電子レンジでパパッと作ったもやしとにらのナムルをトッピングして、おいしさをさらにアップさせてくださいね。

フライパン焼きビビンバ

【材料・4人分】

牛焼き肉用肉 250g、にら 1/2わ、もやし 1/2袋(約100g)、万能ねぎの小口切り 適宜、温かいご飯 500g、白いりごま 適宜、ナムルだれ(白いりごま 大さじ2、おろしにんにく、ごま油 各小さじ2、塩、一味とうがらし 各少々)、しょうがだれ(おろししょうが 大さじ1強、しょうゆ 大さじ2強、砂糖 大さじ1と1/2、ごま油 大さじ1)、サラダ油、ごま油

【作り方】

1. にらは4cm長さに切る。耐熱ボウルにペーパータオルを敷き、もやし、にらを順に入れ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約2分30秒加熱する。ラップ、ペーパータオルをはずし、ナムルだれの材料を加えてあえる。

2. しょうがだれの材料を混ぜ合わせる。牛肉にしょうがだれ大さじ2をもみ込む。フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、牛肉を並べて焼く。焼き色がついたら上下を返して同様に焼き、取り出す。

3. フライパンにご飯を入れ、全体に油がまわるまで炒める。ご飯を平らにし、1を広げてのせ、2の牛肉を並べる。縁のご飯がこんがりしたら残りのしょうがだれをかけ、万能ねぎ、ごまをふる。ごま油少々を回しかける。

※この料理は、直径26cmのフライパンを使って調理しています。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分530Kcal、塩分1.7g、調理時間10分)

ナムルだれに加えたにんにくと、牛焼き肉用肉にもみ込んだしょうがだれで香り豊かに。最後にごま油をちょっぴり回しかけると、より風味が引き立ちます。フライパンの縁にできた「おこげ」のこうばしさもたまりませんよ。

フライパンで作ってそのまま食卓にドン! おこげがこうばしい「フライパン焼きビビンバ」 画像(3/2) ガッツリ系の味つけでご飯がどんどん進む「野菜たっぷりビビンバ」もおすすめ!