週末や春休みに作ってみない? フライパンで簡単「ミニ焼き肉まん」 画像(1/2) 「ミニ焼き肉まん」

ふわふわのやわらかい生地とうまみが詰まったあんを堪能できる「肉まん」。スーパーやコンビニで買うことが多いメニューですが、自分で作ると新たなおいしさに出会えるはずです。

今回は、「ミニ焼き肉まん」をご紹介。あんには大きめにカットしたチャーシューとうずらの卵を入れて、ボリュームを出しましょう。中身がこぼれないようにしっかり生地を閉じたら、フライパンで蒸し焼きに。最後に焼き色をつければ、こんがりとこうばしい肉まんのでき上がりです。小腹が空いた時のおやつに最適なので、たくさん作ってみんなでつまんでみては?

ミニ焼き肉まん

【材料・9個分】

あん(チャーシュー 100g、うずらの卵[水煮] 9個、長ねぎの粗みじん切り 1/2本分、しょうゆ 小さじ1、ごま油 小さじ1/2)、生地(薄力粉 240g、砂糖 大さじ2、ごま油 大さじ1と1/3、ベーキングパウダー 小さじ1と2/3、ぬるま湯 140ml)、打ち粉(薄力粉) 適量

【下ごしらえ】

1. フライパンにオーブン用ペーパーを敷き込む。

【作り方】

1. 生地を作る。ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、砂糖を加えて手で混ぜる。ぬるま湯を少量ずつ加え、そのつど混ぜる。ごま油を加えて練り混ぜ、粉っぽさがなくなったら丸めてふんわりとラップをかけ、室温に約10分おく。

2. あんを作る。チャーシューは1cm角に切り、残りの材料と混ぜ合わせる。

3. 台に打ち粉をし、1を9分割して丸め直す。めん棒で1個を直径約12cmの円形にのばす。あん1/9量をのせ、生地の縁を少しずつつまんでひだを寄せながら包む。最後は先端をひねって閉じる。残り8個も同様にする。うずらの卵は1個ずつ入るように、あんを均等に分けて包む。生地をのばしてひだを寄せ、しっかり閉じて。

4. 下準備したフライパンに3の閉じ目を下にして並べる。ペーパーの上にぬるま湯1/4カップを注いでふたをし、中火にかける。煮立ったら弱火にし、水けがなくなるまで8~10分蒸し焼きにする。オーブン用ペーパーを敷いて、取り出すときにくっつかないようにする。なるべく間をあけて並べて。

5. 軽く焼き色がついたら、大皿にペーパーごとすべらせて取り出し、フライパンをかぶせて上下を返す。ペーパーをはずし、こんがりと焼き色がつくまで焼く。

お料理メモ

小さめサイズだから食べやすい!

(1個分168Kcal、塩分0.5g)

あんを包む際、欲張りすぎるとうまく閉じられないことも。生地をのばしすぎて破れる可能性もあるので、入れすぎないように気をつけましょう。フライパンに並べる時は、閉じ目を下にすると生地がくっつきやすくなりますよ。

週末や春休みに作ってみない? フライパンで簡単「ミニ焼き肉まん」 画像(3/2) 長野のソウルフード「おやき」もフライパンで作れる!