今の子どもたちは、大人の私たちが想像する以上にストレスフルな世の中を生きているー。大切なお子さんが「元気がない」「いつも不安そう」「何を考えているかわからない」…親の目にそう映っているならば、必ず原因があります。精神科医でありながら7年間うつを患い、そして克服した¨うつぬけ医師¨・宮島賢也さんの「うつの根本的な原因は小学校時代にあった」という体験をもとにした、子どもの「心の不調」を改善するための意外にもシンプルな考え方。著書「心が折れない子を育てる親の習慣」より連載全6回でお送りします。子どもを「ストレスに負けない人間」に育てるための親の習慣第5回目です。


「子どもへのアドバイスは少なめでいい」◆心が折れない子を育てる親の習慣(5)【連載】 画像(1/2) 勉強しなさい、ごはん食べなさい、もっとこうしなさい…親が許可する人になっていませんか?子どもへの接し方のこれからの「考え方」

◆◆◆

大切なのは「否定せずに聞いてあげること」


子どもの意見を尊重する、子どもが何かを決めるというときに大切なのは、子どものことを「わかってあげる」ことです。

でも、このように親御さんにお伝えすると、「子どもの話を聞いてあげればいいんですか?」「共感してあげることが大切なんですよね?」などと聞かれることがよくあります。

もちろん、子どもの話に耳を傾け、共感することは大切なのですが、聞いてあげているようでいて「聞いていないオーラ」が出ていることも多い。

それは、親御さんの声のトーンや表情から伝わってしまいます。

わかりやすい言葉にすれば「否定せずに聞いてあげること」なのですが、それがなかなか難しいのです。


「子どもへのアドバイスは少なめでいい」◆心が折れない子を育てる親の習慣(5)【連載】 画像(3/2) 聞いてあげているようで「聞いてないオーラ」が出ていることも…

子どもが話しているのに、ついそれをさえぎって「こうしたほうがいいんじゃないの?」とアドバイスしていることはありませんか。

このような、具体的な対処法の提案は、「少なめ」がおすすめです。

アドバイスは、実は少なければ少ないほど、子どもが自分の人生を生きる喜びにつながります。

子どもにアドバイスを求められたら、もちろんこたえてあげたらいいと思いますが、「あなたはどうしたいの?」と聞いてみるのもいいですね。

アドバイスをしすぎると、「自分で決めらない子」になってしまいます。

繰り返しになりますが、何かを決めるときや自分の意見を言うときに、親の顔色をうかがう習慣がついてしまうのです。

すぐに解決しなければならない問題や、正しい方法を選ばなければならない場合は、さすがに大人のアドバイスが必要かもしれません。

それでも、お子さんの話を否定せずに聞きながら、お子さんが自分の人生を生きるためのサポートをしながら、〝自分を生きる喜び〞を分かちあっていきませんか。


長い目で見れば「失敗」なんてない


「失敗は成功のもと」と言いますが、本当にそのとおりです。

長いスパンで見ると、そもそも「失敗」などないのかもしれません。

僕自身、うつになったことは失敗ではなかったと思っています。

うつになって初めてわかったこと、今こうして自分の経験をもとにして誰かのお役に立てていることを考えると、「うつになってよかった」のです。


失敗もありだよね、という気持ちでいると、親も安心して子どもを見ていられます。

子どもも、思いきりトライ&エラーをしやすくなるのではないでしょうか。

その点、受験は「受かる」か「落ちる」かなのでわかりやすいものです。

とはいえ、入学試験に落ちたのに「落ちてよかったね」とはなかなか思えないかもしれません。

過去があって、今があるもの。

過去を否定すると、今が満たされなくなります。

でも、人生は長いと考えれば、入学試験で落ちた体験もすばらしいこと。

お子さんや親御さんが、それを「失敗」としてしまうのは、実はとてももったいないことなのです。


作=宮島賢也