有能すぎる!? 冷凍庫で1カ月以上保存可能な「カレーのもと」 画像(1/3) 「キーマカレーのもと」

つい多く作りすぎてしまい、保存に困ることの多い「カレー料理」。そこで今回は、1カ月以上保存ができるカレー3選をご紹介したいと思います。

キーマカレーのもと

【材料・2人分×2袋分】

合いびき肉 400g、玉ねぎ 1個、ピーマン 2個、にんじん 1/2本、にんにくのみじん切り 1片分、カレールウ(フレーク状のもの) 80g、オリーブ油、酒、塩、こしょう

【作り方】

1. 玉ねぎ、ピーマン、にんじんはみじん切りにする。

2. フライパンににんにく、オリーブ油小さじ1を入れ、火にかける。香りが立ったら1を加え、しんなりするまで炒める。

3. 合いびき肉を加え、ほぐしながら炒め合わせる。全体に火が通ったら酒大さじ3、カレールウを加え、炒める。ルウが溶けたら塩、こしょう各少々で調味する。

4. さまして、冷凍用保存袋2枚に等分に入れて平らにし、空気を抜いて密閉し、冷凍庫で保存する。

※約1カ月間保存可能。

たまねぎのうまみがよく染みこんだ自家製キーマカレー。オリーブオイルで炒めたにんにくの香りが鼻を通過し、しっかりとしたうまみが舌に残ります。冷凍保存中に痛まないよう、保存袋の空気はきっちり抜いておきましょう。

薬膳カレーの素

しょうがとにんにくを加えたパンチのある風味が特徴です。20分炒めたたまねぎは全体によく馴染み、味の深みを底上げ。さらに丸ごと加えたトマト缶が、まろやかな舌触りに一役買っています。自然解凍してから食べるのがおすすめ。

有能すぎる!? 冷凍庫で1カ月以上保存可能な「カレーのもと」 画像(3/3) 約3カ月保存できる「薬膳カレーの素」

カレーうどんのもと

最後はカレーうどん用のルーをご紹介。薄くスライスされたれんこんのシャクっとした食感がうどんによくマッチします。フライパンで炒めた豚肉と、そこに加えたおろししょうがが和風の味を演出。ちょっとしたひと手間でお店のようなカレーうどんが食べられますよ。

有能すぎる!? 冷凍庫で1カ月以上保存可能な「カレーのもと」 画像(6/3) 「カレーうどんのもと」

長期保存可能な「作り置きカレー」は、いざという時に大活躍するはず。この機会に、ぜひ挑戦してみてはいかが?