とりひき肉と豆腐を使うから食べごたえ抜群♪ ヘルシー「豆腐バーグ」5選 画像(1/5) 「野菜豆腐バーグおろしあんかけ」

食卓を飾る大定番のメニュー・ハンバーグ。今回は、ヘルシーさが人気の豆腐バーグ5選をご紹介します。豊富なバリエーションで献立の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

野菜豆腐バーグおろしあんかけ

【材料・2人分】

もめん豆腐 1丁、とりひき肉 100g、溶き卵 1/2個分、れんこん 5cm(80g)、にんじん 1/4本、長ねぎのみじん切り 3cm分、大根おろし 1/2カップ、万能ねぎの小口切り 3本分、あん(だし汁 3/4カップ、みりん 大さじ2、しょうゆ 大さじ1)、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1/2+水 大さじ1)、塩、サラダ油

【作り方】

1. 豆腐はペーパータオルに包んで耐熱皿にのせ、電子レンジで約2分加熱し、おもしとなる皿をのせて約10分おいてしっかり水きりする。

2. れんこん、にんじんはいちょう切りにし、れんこんは水に少しさらす。ともにさっとゆでてざるに上げる。

3. ボウルにひき肉、溶き卵、ねぎ、塩小さじ1/2を入れ、豆腐を手でつぶしながら加える。よく練り混ぜて、れんこん、にんじんも加えて混ぜる。油を薄く手につけ、4つの小判形にまとめる。豆腐はつぶして細かくしてから加えれば、ほかの具とのからみもよい。

4. フライパンに油大さじ1を熱して3を入れる。焼き色がついたら返し、ふたをして弱火で約5分焼き、皿に盛る。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分359Kcal、塩分3.1g)

おろしあんかけの風味で和風に仕上げたハンバーグ。豆腐は細かくつぶしてから具材と混ぜると、からみがよくなります。焼き色がついたら弱火で5分熱すれば完成。さわやかな味つけは朝食としてもうってつけです。

ひじき入り豆腐バーグ

ひじきは5分ほど水につけて、やわらかい歯ごたえに。ひじきがやわらかくなりすぎないように注意が必要です。ハンバーグがきつね色に焼けたら、器に敷きつめた水菜とラディッシュに盛りつけましょう。仕上げに練がらしをのせれば色合いもGOOD。

とりひき肉と豆腐を使うから食べごたえ抜群♪ ヘルシー「豆腐バーグ」5選 画像(3/5) ヘルシーな素材で作る「ひじき入り豆腐バーグ」

照り焼き豆腐バーグ

ふんわりした食感のハンバーグと甘じょっぱい照り焼きの王道コンビ。さっと炒めたしいたけとれんこんも、照り焼きソースと相性抜群です。冷めても味がしっかり残るので、お弁当のおかずとしても活躍するはず。

とりひき肉と豆腐を使うから食べごたえ抜群♪ ヘルシー「豆腐バーグ」5選 画像(6/5) 「照り焼き豆腐バーグ」

豆腐なめたけバーグ

4種類のきのこと豆腐を使ったヘルシーな1皿。きのこは加熱するとかさが減るため、粗めにほぐしておきます。根元までシャキシャキしたえのきの食感をご堪能ください。炒めたきのこは日もちがよく、作り置きしておけるのもポイントです。

とりひき肉と豆腐を使うから食べごたえ抜群♪ ヘルシー「豆腐バーグ」5選 画像(10/5) 「豆腐なめたけバーグ」

ヘルシーチキンバーグ

隠し味のはちみつが、深みのあるたれの秘密。シンプルな食材ながら、いつもと違う味つけで飽きを感じさせないコクを楽しめます。もめん豆腐を使っているので歯ざわりもなめらかに。仕上げに添えたオクラで食卓がより華やかな印象になりますよ。

とりひき肉と豆腐を使うから食べごたえ抜群♪ ヘルシー「豆腐バーグ」5選 画像(15/5) 「ヘルシーチキンバーグ」

もめん豆腐の水切りは電子レンジを使って行うのがコツ。低カロリーで食べ応えたっぷりのレシピをぜひお試しあれ。