ごろっと大きめの具とコーンの優しい甘さが嬉しい!「鮭のクリームコーングラタン」

#食 

これから寒さが増していくと、どうしても食べたくなるグラタン。グラタンが嫌い!ってあんまり聞かないですよね。筆者も大好物です。でも、少し気になるのはカロリー。小麦粉とバターを牛乳で練って作るホワイトソースに少しためらってしまう…という人もいるのではないでしょうか。でも、グラタンは食べたい…。

そこで気になったのが、『3分クッキング』12月号の特集「オーブントースターで簡単!幸せのグラタン」に掲載されていた「鮭のクリームコーングラタン」。 なんとクリームコーンを使用して作ったソースをかけたグラタンだとか。また、具材もブロッコリーとエリンギ、鮭と健康的! いったいどんなふうに仕上がるのか…気になったので作ってみました。

パスタにしても合う『鮭のクリームコーングラタン』


材料(4人分)


生鮭…4切れ(360g)

 (塩、こしょう各少々 小麦粉大さじ1)

エリンギ…2パック(200g)

ブロッコリー…1個(200g)

白ワイン…大さじ2

ソース

 クリームコーン缶…1缶(180g)

 牛乳…1/2カップ

 片栗粉…大さじ2

 塩…少々

ピザ用チーズ…50g

●バター

作り方


1 鮭は骨を除き、一口大に切り、塩、こしょうをふって小麦粉をまぶす。エリンギは3cm長さ、縦5mm幅に切り、ブロッコリーは小房に分ける。

2 フライパンにバター20gを溶かし、鮭を両面よく焼きつけてとり出す。続けてエリンギとブロッコリーを入れ、ワインをふってふたをし、5分ほど蒸し焼きにし、グラタン皿に鮭と合わせ入れる。

3 耐熱ボールにソースの材料を入れて混ぜ、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)に約5分かける。さらによく混ぜて2にかけ、チーズをのせて、オーブントースターで10~12分、こんがり焼き色がつくまで焼く。

(電子レンジで加熱してとろみのついたソースは、よく混ぜてから具材にかける。)

コーンのやさしい甘さとチーズ、ムニエル風にした鮭の香ばしさが、食材たちを食べやすく包み込んでくれます。ブロッコリーは子どもの苦手な野菜として挙げられることの多い食材ですが、これならば少し食べやすくなるのではないでしょうか? ブロッコリーは免疫力を高めてくれる、今が旬の食材。風邪やインフルエンザにかからないよう、日頃から積極的に食事に取り入れていきたいですね。

調理、文=きこなび(月乃雫)

この記事に共感したら

Information

Kindle版はこちら「『3分クッキング』12月号」

▼「『3分クッキング』12月号」情報はこちらから▼

今号の特集は「幸せのグラタン」。手間がかかりそうなグラタンですが、ベシャメルソースを作らなくても、具と小麦粉を炒めて牛乳を少しずつ加えていくだけで、誰でもおいしく完成します。年末はぜひ、オーブントースターで手軽に、華やかな食卓になるグラタンをお試しください。人気のドフィノアや、かき、たらなど旬の魚介を使ったもの、豆腐や長芋のすりおろしソースでヘルシーグラタンまで、バラエティに富んだラインアップでお届けします。
第2特集は「年末年始のスピード小鉢」。大根、里芋、えびなど、年末年始に買いがちな食材別に、パパッとできる小鉢をご紹介します。

▼Kindle版で読む


おすすめ読みもの(PR)