年中疲れてる人は即出来かんたんヨガトレッチ!「疲れ・こりが消えるヨガトレッチ(1)」

#美容・健康 

「ヨガトレッチ」を知っていますか?

ヨガ、ストレッチ、呼吸法、タイ古式マッサージを融合した、体とココロのゆがみや不調を取る技法だそうで…。

なんでも、体軸「ダイヤモンド軸」のゆがみを整えることが大切なんですって!

セルフで行なうことができて、1ポーズも20秒!!

年中疲れている私にもできそうと、皆さんに紹介したいと思った次第です。

第1回目の今日は「いつでもどこでもできる!基本編」です。

疲れ・こりが消えるヨガトレッチ


教えてくれたのは▷ koyumiさん/ヨガトレッチ® 考案者。ボディデザイナー・セラピスト。

●メリット1__1 ポーズ20 秒

 →負担なくできて続けやすい。

●メリット2__姿勢がよくなる

 →ゆがみが取れることで、美姿勢になる。

●メリット3__ココロも楽になる

 →不調が取れ、ストレスフリーに。

●メリット4__体がやわらかくなる

 →筋肉の緊張や関節のかたさがほぐれて、柔軟な体に。

●メリット5__血流・代謝がよくなる

 →ダイヤモンド軸を取り戻すと、血流やリンパ液の流れもスムーズに。

◆始める前に見てね!◆

1.呼吸は、吐くからスタート してゆっくり繰り返す。

2.ヨガマットや布団の上など自分自身が快適なスペースで行なう。

3.行なう時間は、食事の直後を避ければいつでもOK。

4.持病のある人や妊娠中、産後間もない人は医師に相談を。

いつでもどこでもできる!これが基本のヨガトレッチ


スペースを取らず、立ったままで、いつでもどこでもできます。

STEP1~6を続けて行なって。

どれも簡単な動作ですが、不思議とダイヤモンド軸が整います。

【画像を見る】step1▷後頭部、お尻、かかとを壁につける。


step1▷後頭部、お尻、かかとを壁につける。

ペンを内ももの間に挟んで1、2、3……と10回内ももに力を入れる。

point_後頭部、お尻、かかとを壁につける。

step2▷そのままの姿勢で1歩前に出て、左右のひざを交互に上げる。各10回。


step2▷そのままの姿勢で1歩前に出て、左右のひざを交互に上げる。各10回。

point_ひざは90度に。

NG× 首はぶれないように

NG× 開いて着地しない

step3▷ひじを曲げ、さらに手首を曲げてブラブラ。5回。


step3▷ひじを曲げ、さらに手首を曲げてブラブラ。5回。

point_脇は閉める。

NG× 脇は開かない!

step4▷腕を耳の位置までまっすぐ上げてブラブラ。5回。→ひじからすとんと下ろす。


step4▷腕を耳の位置までまっすぐ上げてブラブラ。5回。→ひじからすとんと下ろす。

point_腕は耳の位置まで引く。

step5▷ひざを上げて左右の足首を外回し、内回しそれぞれ3回ずつ行なう。


step5▷ひざを上げて左右の足首を外回し、内回しそれぞれ3回ずつ行なう。

足首回しを外回し3回、内回し3回。

きついときは壁を支えに!

step6▷足を腰幅に開き、骨盤を前→横→後ろ→横と回す。


step6▷足を腰幅に開き、骨盤を前→横→後ろ→横と回す。

骨盤回しを時計回り1回、反時計回り1回。

point_重点的にやりたいときは回数を増やしてOK。

足を揃え、ひと呼吸する。


足を揃え、ひと呼吸する。

point_首筋が伸びた体勢を保っているか?

【ダイヤモンド軸をチェック!】

首が前に倒れ気味なら、ダイヤモンド軸が整っていないサイン!

次回は引き続きkoyumiさんに教えていただく「お悩み別ヨガトレッチ」。

腰痛や眼精疲労などに効果的なヨガトレッチ をご紹介します!

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

▼ヨガトレッチ2回目はコチラ▼



指導/koyumi 撮影/島本絵梨佳 スタイリング/星 由希子 ヘア&メイク/奈良原友美 小林 恵 モデル/七瀬清美( YS company) イラスト/miyagi デザイン/Beeworks

教えてくれたのは▷ koyumiさん/ヨガトレッチ® 考案者。ボディデザイナー・セラピスト。
ヨガインストラクターをしながら、タイ古式セラピストやストレッチマスターの資格を取得。お客様の体や要望を見て聴いていくうちにヨガトレッチ®を考案し、完成させる。これまでに1万人以上の施術を行なう。
「20秒で疲れ・こりが消えるヨガトレッチ かたい体もみるみるほぐれる! 」1320円(小社刊)が好評発売中。


雑誌情報はこちら




▼『レタスクラブ ’19 12月増刊号【サコッシュ付録つき版】』情報はこちらから▼
▼楽天ブックスで購入▼
▼付録なし版(499円)も!▼



おすすめ読みもの(PR)