ご飯との相性抜群過ぎ! 根菜×とり手羽元の「コクうま煮もの」5選

#食 
「手羽元と根菜のコクうま煮」


おいしい、お手頃価格、コラーゲンいっぱい!と三拍子揃った手羽先。今回はそんな手羽先と根菜を合わせた煮ものをご紹介します。いずれも手羽先のうま味を根菜がしっかり吸って、ご飯の進むおかずばかり。お弁当にもぴったりですよ。

手羽元と根菜のコクうま煮


【材料・2人分】

とり手羽元 6本、ゆで卵 2個、ごぼう 1/4本、にんじん 1/2本、さやいんげん 6本、しょうがの薄切り 2枚、煮汁(酒、酢 各大さじ3、砂糖、しょうゆ 各大さじ2、水 3/4カップ)、サラダ油

【作り方】

1. ごぼうは包丁の背で皮をこそげ取り、3cm長さに切る。水に約5分さらし、ざるに上げて水けをきる。にんじんは4cm長さに切って、四~六つ割にする。いんげんは長さを半分に切る。

2. 厚手の鍋に油大さじ1、しょうがを入れて弱火で熱する。香りが立ったら手羽元を加え、強火にして全体に焼き色をつける。手羽元は煮る前に焼きつけることで、うまみが流れ出たり、煮くずれするのを防ぐ。

3. 煮汁の材料、1、ゆで卵を加えてさっと混ぜる。煮汁が煮立ったら、アルミホイルで落としぶたをして、途中2~3回混ぜながら弱火で約20分煮る。いんげんを加えてさっと煮る。手羽元と野菜を器に盛り、ゆで卵は半分に切って添える。

(1人分400Kcal、塩分2.3g、調理時間30分)

ほろりとしたとり手羽元に味がよくしみたメニュー。肉だけでなく、ごぼうやさやいんげんなど様々な根菜をいただけます。うまみを逃さないように、手羽元は焼きつけたあとに煮込みましょう。

手羽元と里いものピーナッツバター煮


ねぎはせん切りにし、貝割れ菜は半分の長さにカット。里いもは熱湯でゆでて流水でさっと洗い、水けをきって下ごしらえしておきます。

赤とうがらしの辛みがきいた「手羽元と里いものピーナッツバター煮」


手羽元とれんこんのオイスター煮


手羽元やれんこんの他にも、カットした黄パプリカを味わえる煮ものです。噛むたびにオイスターソースのコク深い味を楽しめて◎

「手羽元とれんこんのオイスター煮」


とり手羽と大根のこっくり煮


とうがらしのピリッとした辛みがアクセントになります。こうばしい香りに食欲をそそられるはず。

「とり手羽と大根のこっくり煮」


とりとじゃがいもの甘辛照り煮


手羽元のうまみをじゃがいもにからめた1品です。手羽元は塩、こしょうでしっかり味つけして。

「とりとじゃがいもの甘辛照り煮」


どれも根菜の歯ごたえとジューシーな手羽元を同時に堪能できます。お好みの野菜やおかずをプラスして、オリジナルメニューを作ってみるのもいいですね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //