カリもち食感で栄養もたっぷり! 「そら豆と豚こま肉のかき揚げ」

#食 

インフルエンザの時期が過ぎれば、今度は花粉の季節。春は気候的には過ごしやすい季節ですが、花粉症の方にとっては大変な時期ですよね。花粉は鼻水やくしゃみだけでなく、肌にもダメージを与えます。さらにまだまだ乾燥している日も多ので、栄養をしっかりとって対策したいところ。

栄養といえば、今月の『3分クッキング』3月号に気になるレシピを発見しました。「そら豆と豚こま肉のかき揚げ」! そら豆は皮をむくのがちょっと大変ですが、その工程も含めて“旬の特別感”があってなんだか魅力的ですよね。そら豆にはカリウムやミネラル、ビタミンB群、ビタミンCなどが豊富に含まれているので、粘膜を作ったり肌荒れを予防してくれたりします。まさにこの季節にぴったり! ということで、さっそく作ってみました。

肉と一緒にボリュームたっぷりのかき揚げに 『そら豆と豚こま肉のかき揚げ』


材料(4人分)


そら豆(さやつき)……1.2kg(正味250g)

豚肉(切り落とし)……250g

 (塩少々)

おろししょうが……1かけ分

小麦粉……大さじ1



 片栗粉……大さじ6

 小麦粉……大さじ4

 水……3/4カップ

 塩……小さじ1/4

●塩、油

作り方


1 そら豆はさやから出して薄皮をむく。豚肉はボウルに入れて塩をふり、そら豆、しょうがを加え、小麦粉をふってさっくり混ぜる。

2 別のボウルに衣の材料を混ぜ、1に加えてざっくりまぶす。

3 フライパンに油適量を170℃に熱し、2を1/8~1/10量ずつ大きめのスプーンなどですくって入れ、カラリとなるまで5~6分揚げる。器に盛り、塩少々を添える。

片栗粉と小麦粉をミックスして使うことで、外はカリッと中はもっちり! 豚肉のうまみとふわっとくるそら豆の新鮮な香りがたまりません! 豆類は苦手という人もけっこういますが、この食べ方だと生姜や豚肉が程よくクセを消してくれるので、単体で食べるより格段に食べやすくなります! これなら子供から大人まで美味しく食べられるのではないでしょうか? ぜひ試してみてください♪

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information

Kindle版はこちら「『3分クッキング』3月号」

▼「『3分クッキング』3月号」情報はこちらから▼

今号の大特集は「2つの具材で春の和おかず」。春キャベツ、菜の花、新玉ねぎ、新じゃが芋、スナップえんどう、グリンピース、そら豆の7種の野菜ごとに、肉または魚介を組み合わせた和のおかずをご提案します。主材料はたった2つ、野菜たっぷり、しかもごはんに合ううれしいメニューを、市瀬悦子先生と堤人美先生に作っていただきました。シャキシャキキャベツを肉で巻いたり、スナップえんどうをすき焼き風にしたり、こんな食べ方が!と驚くアイデアが満載。旬の春野菜を、存分に使いこなしましょう。

好評連載「Mizukiのやみつき和スイーツ」では、流行のタピオカドリンクを家で簡単に作れるレシピを公開。いちごを使った「タピオカいちごみるく」と、黒糖風味の「タピオカ黒糖みるく」、ぜひお試しください。

▼Kindle版で読む


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //