しょっぱい派にはコレ! 甘くないお菓子のレシピ5選

#食 
「ジャーマンポテトのケークサレ風」


ストレスが溜まった時はお菓子を食べてホッと一息つきたくなるもの。ですが甘いお菓子ばかりだと、食べ飽きてしまうこともありますよね。そこで今回は、塩っ気がやみつきになる“甘くないお菓子”のレシピをご紹介していきます。子どもがお家にいる日には、親子で一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

ジャーマンポテトのケークサレ風


【材料・18×7×高さ6cmのパウンド型1台分】

ホットケーキミックス 100g、ジャーマンポテト(ベーコン 30g、じゃがいも 小2個[約200g]、玉ねぎ 1/4個、塩 小さじ1/2、こしょう 適量)、卵 1個、パセリのみじん切り 大さじ2、バター(食塩不使用) 40g、グラニュー糖 50g、サラダ油

【下ごしらえ】

1. 卵、バターは室温にもどす。

2. オーブン用ペーパーの四隅に切り目を入れ、パウンド型に敷き込む。

3. オーブンは160℃に予熱する。

【作り方】

1. ジャーマンポテトを作る。じゃがいもは薄切りにする。玉ねぎは縦薄切りに、ベーコンは1cm幅に切る。

2. フライパンに油大さじ1を熱して1を入れ、炒める。火が通ったら塩、こしょうで調味し、バットに移してさます。

3. 大きめのボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状に練る。グラニュー糖を加えて混ぜ合わせる。

4. 卵を割り入れて、よく混ぜ合わせる。

5. 4にホットケーキミックス、2、パセリを加え、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

6. パウンド型に流し入れ、ゴムべらで表面をならす。オーブンに入れて約45分焼く。竹串を刺してみて生地がついてこなければ焼き上がり。ペーパーごと型からはずし、網の上にのせてさます。

(1/2切れ分168Kcal、塩分0.6g)

ジャーマンポテトを使ったボリューム満点のスイーツです。ベーコンやジャガイモ、玉ねぎなどが入っているので食べごたえがあり、朝食やちょっとした軽食にもぴったり。生地を焼き上げる際にはオーブンを使用するので、あらかじめ予熱しておきましょう。

ポテト・パンケーク


生地は表面に小さい気泡が出て、裏面がきつね色になったらひっくり返してOK。甘くないジャガイモのパンケーキなので、チーズやサーモンとも相性抜群です。

ワインなどのおつまみにも◎「ポテト・パンケーク」


チーズせんべい2種


ピザ用チーズをフライパンで加熱するだけで完成! できたてはやわらかいですが、冷めるとパリパリとした食感になりますよ。

「チーズせんべい2種」


スティックラスク チーズ&ペッパー味


食パンの耳だけで作れる節約レシピ。チーズのコクとこしょうの辛みがあとを引き、スナック感覚でいただけます。

「スティックラスク チーズ&ペッパー味」


のりチーズせんべい


スライスチーズにわさびをぬって、のりではさむだけ。辛いものが苦手な子どもが食べる場合は、わさびの量を加減するといいかもしれません。

「のりチーズせんべい」


日本酒でもカクテルでも、“塩味”はお酒の味を引き立ててくれる要素の一つ。ほどよい塩っ気があるお菓子はお酒のおつまみにうってつけなので、ぜひ試してみてくださいね♪

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)