へとへとさんこそ「だしまろ酢」! 疲れた日は野菜を漬ければなんとかなる!

#食 

おうちごはん作りに疲れが出る時期。

そんな日は、「だしまろ酢」の出番です。切った野菜を漬けておくだけで、だしの風味豊かな、まろやかなお漬けもののできあがり。

たっぷり野菜を補給して、元気を出していきましょう!

作りおきすれば疲れた日に助かる!


野菜を切って、漬けるだけ!


野菜をファスナーつきの保存袋に入れ、だしまろ酢を注ぎ、空気を抜いて口を閉じ、冷蔵室へ。

1~2時間で食べごろに。1週間保存可能。

夏野菜の速攻ピクルス


旬の野菜を切って漬けるだけ。味つけナシで極上おかずの完成!

夏野菜の速攻ピクルス


野菜をだしまろ酢1カップに2時間漬けるだけ

※保存袋で漬ける場合は、しっかり空気を抜いて口を閉じる。

「夏野菜の速攻ピクルス」材料


キャベツとセロリのさっぱり漬け


しょうがが爽やか。袋の上からもむと、早く味がしみます

キャベツとセロリのさっぱり漬け


野菜をだしまろ酢1カップに1〜2時間漬けるだけ

「キャベツとセロリのさっぱり漬け」材料


みょうがの甘酢漬け


そのまま食べたり、つけ合わせに。サラダやあえものに混ぜても

みょうがの甘酢漬け


[ 材料と作り方 ]

(1)みょうが9~12個(約200ℊ)は縦半分に切り、熱湯で約1分ゆでる。ざるに上げ、粗熱がとれたら水けを絞る。

(2)清潔な保存容器に入れ、だしまろ酢½カップを注ぐ。冷蔵室で2時間以上おく。

みょうがをさっとゆでると美味しさUP


みょうがをさっとゆでるとえぐみがやわらぎ、色鮮やかに仕上がる。保存性もアップ。

これ1本で味が決まる!国産素材にこだわった、万能酢


国産りんご酢にゆずの香りをほんのりきかせ、焼津産花がつおと利尻昆布の一番だしをぜいたくに配合した、まろやかなお酢。

あえる、漬ける、かける、焼く、煮るなど、調理法を選ばず、和、洋、中華と、さまざまな料理に使えます。

500mlパックに加え、1000mlパックが登場。

だしまろ酢はいろんな料理に使える!


だしのきいたまろやかなお酢(だしまろ酢)

500ml ¥299/1000ml ¥548(参考小売り価格)

【レタスクラブ編集部/PR】

この記事に共感したら

Information

調理/吉田愛 撮影/南雲保夫 スタイリング/中村弘子
編集協力/中村 円 デザイン/hooop

創味食品 www.somi.jp
だしまろ酢web公式サイト www.somi.jp/dashimarosu
創味食品amazon

★★ プレゼント企画実施中★★


記事アンケートに答えてくださった方の中から「だしまろ酢 1,000ml」を5名様にプレゼント!

応募受付は2020年6月8日(月)まで


おすすめ読みもの(PR)