パスタの具材をかけて♪ 変わり種洋風どんぶり5選

#食 
「ボロネーゼ丼」


お腹いっぱいご飯を食べたいときにどんぶりメニューを作る人は多いはず。ですが料理のレパートリーが少ないと、ありきたりな食事が続いてしまうこともありますよね。そこで今回は、ご飯の上にパスタの具材をかけた「変わり種洋風どんぶり」をご紹介。サクッとお手軽に、いつもとは違う一品を作ってみてはいかが?

ボロネーゼ丼


【材料・2人分】

ミートソース(市販品) 200g、しいたけ 3枚、マッシュルーム 3個、玉ねぎ 1/6個、にんにく 1片、温かいご飯 どんぶり2杯分、白ワイン 大さじ2、赤だしみそ(またはみそ) 大さじ1、バター、オリーブ油、塩、こしょう、しょうゆ

【作り方】

1. しいたけは軸を除き、四つ切りにする。マッシュルームは四つ割りにする。玉ねぎは2cm角に切り、にんにくは縦半分に切る。

2. フライパンにバター大さじ1、オリーブ油大さじ1/2を入れて火にかけ、バターが溶けたら、にんにくを加えて香りが立つまで炒める。

3. 玉ねぎを加えてさっと炒め、しいたけ、マッシュルームも加えて炒める。油がまわったら、塩、こしょう各少々をふり、野菜がしんなりするまで炒める。

4. にんにくを取り出してワイン、ミートソースを加え、みそを湯大さじ2で溶いて混ぜる。しょうゆ小さじ1を加えてさっと煮る。

5. 器にご飯を盛り、4をかける。好みで粉チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)、パセリのみじん切りをふり、オリーブ油をかけても。

(512kcal、塩分3.7g)

しいたけやマッシュルームなどをプラスして、市販品のミートソースをワンランクアップ。コクのある味わいと豊かな歯ごたえを楽しめます。お好みで粉チーズやパセリのみじん切りをふって、風味よく仕上げてみてもいいかもしれません。

濃厚カルボ丼


とろっとしたアボカドと卵によって、絶妙な味わいが生まれます。卵液は加熱しすぎないように、余熱で火を通すとGOOD。

【画像を見る】ベーコンのこうばしさが際立つ「濃厚カルボ丼」


キャベツぺペロンチーノ丼


カリッとしたにんにくの食感がほどよいアクセントに。パンチがきいた味つけなので、ご飯がどんどん進みます。

「キャベツぺペロンチーノ丼」


カポナータ丼


野菜をたっぷり味わえるカポナータのどんぶり。かくし味のウスターソースとしょうゆが、さらにうまみを引き立ててくれるはず。

「カポナータ丼」


カルボナーラ丼


にんにくは包丁の腹でつぶし、玉ねぎは1cm角にカット。絶妙なとろみ加減のカルボナーラソースをとことん堪能できます。

「カルボナーラ丼」


ボロネーゼやカルボナーラなどのパスタソースは、パスタだけでなくご飯との相性も抜群。作り方は至ってシンプルなので、今後のためにもレシピを覚えてみてはいかがでしょう。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
ボロネーゼ丼
濃厚カルボ丼
キャベツぺペロンチーノ丼
カポナータ丼
カルボナーラ丼

ほかにもいっぱい!「丼もの その他」のレシピ

■忙しい毎日のご飯作りに役立つ「時短特集」はこちら!
栄養もおいしさも◎へとへとでもあっという間に完成!

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //