もち麦は「朝」食べるべし!手軽にとれる和風朝めし3選

#食 

もち麦でダイエット効果を狙うなら、ぜひ朝食でもち麦を食べたいところ。なぜなら、もち麦を食べた次の食事の血糖値も上がりにくくなる「セカンドミール効果」があるからです。まずは、1日の最初の食事である朝ごはんに取り入れていきましょう。

『安うま食材ダイエット!vol.2 もち麦』(レタスクラブMOOK)から、簡単でおいしい、朝ごはんにピッタリのレシピをご紹介します。

忙しい朝でも食べられる!

もち麦鮭おにぎりと具だくさんみそ汁


もち麦鮭おにぎりと具だくさんみそ汁


●1人分292kcal/塩分 1人分2.9g

[ 材料・2人分 ]

【おにぎり】

もち麦ご飯…… 小さめのご飯茶碗2杯分(約240g)

甘塩鮭……1/2切れ(約50g)

焼きのり……1/2枚

【みそ汁】

好みのきのこ(しめじなど)……50g

にんじん……20g

長ねぎ……15g

だし汁……2カップ

みそ……大さじ2

[ 作り方 ]

1.鮭は魚焼きグリルなどで焼き、皮と骨を除く。

2.温かいもち麦ご飯に1を混ぜて2等分し、軽く握り、帯状に切ったのりを巻く。

3.きのこは食べやすい大きさに切り、にんじんはいちょう切り、ねぎは小口切りにする。

4.鍋にだし汁、きのこ、にんじんを入れて中火にかけ、にんじんがやわらかくなるまで煮る。ねぎを加え、みそを溶き入れ、ひと煮立ちさせる。

この記事に共感したら

Information

▼『安うま食材ダイエット!vol.2もち麦』記事一覧はこちら▼



雑誌情報はこちら



▼『安うま食材ダイエット!vol.2もち麦』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

もちもち、ぷちぷちした食感がおいしい、ダイエットにおすすめの食材「もち麦」。もち麦には肥満予防に重要といわれる、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がダブルで含まれています。また、穀物(ご飯)を食べている満足感が得られることから、もち麦ダイエットはストレスなく続けやすいのも特徴です。もち麦を食べて、おいしく健康に「やせ体質」を目指しましょう!




おすすめ読みもの(PR)