白米減らして糖質オフ!「もち麦」使ってチャーハン・パエリア・混ぜご飯

#食 

もち麦を主食に加えれば、白米の量が減って糖質オフができるうえ、食物繊維の摂取量がアップします。一皿ごはんなら野菜やたんぱく質も一緒にとれるので、ランチや時間のないときの夕ごはんにもぴったりです。

『安うま食材ダイエット!vol.2 もち麦』(レタスクラブMOOK)から、もち麦のごはんアレンジレシピをご紹介します。

もち麦ご飯なら簡単にパラっと仕上がる!

レタス入りもち麦チャーハン


レタス入りもち麦チャーハン


●1人分364kcal/塩分 1人分2.1g

[ 材料・2人分 ]

温かいもち麦ご飯……250g

ロースハム……50g

レタス……3枚

長ねぎ……1/2本

しめじ……50g

卵……1個

サラダ油……大さじ1

合わせ調味料

・酒……大さじ1

・とりガラスープの素……小さじ1

塩、こしょう……各少々

しょうゆ……小さじ1

[ 作り方 ]

1.ロースハム、レタスは2cm角に切り、長ねぎ、しめじは1cm角に切る。合わせ調味料の材料を合わせておく。

2.ボウルに卵を割って溶きほぐし、温かいもち麦ご飯を入れる。

3.フライパンに油を中火で熱し、2を加え、へらでご飯をほぐすように炒める。3~4分しっかり炒め、ご飯がほぐれたら、ハム、長ねぎ、しめじを加え、さらに2~3分炒める。

4.1の合わせ調味料、塩、こしょうを加えてよく炒め、仕上げにしょうゆを鍋肌から加え、レタスも加えてよく混ぜる。

この記事に共感したら

Information

▼『安うま食材ダイエット!vol.2もち麦』記事一覧はこちら▼



雑誌情報はこちら



▼『安うま食材ダイエット!vol.2もち麦』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

もちもち、ぷちぷちした食感がおいしい、ダイエットにおすすめの食材「もち麦」。もち麦には肥満予防に重要といわれる、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がダブルで含まれています。また、穀物(ご飯)を食べている満足感が得られることから、もち麦ダイエットはストレスなく続けやすいのも特徴です。もち麦を食べて、おいしく健康に「やせ体質」を目指しましょう!




おすすめ読みもの(PR)