下ごしらえが味の8割を決める!? チキンソテーをおいしく焼くコツのコツ

#食 
皮パリッ!チキンソテー


とり肉をただ焼くだけなのに、なぜかうまくいかない。以前作ろうとしたときに、まずは皮目から入れてじっくり・・・と思ったらだんだん焦げてきたので上下を返し、そうしたら今度はこっちも焦げてきて、これじゃあ完全に生焼けだ~と思い、ふたをして蒸し焼きしたら、ふにゃふにゃチキンソテーが出来上がって大失敗した経験アリ。今回チキンソテーのレシピを教えてくれたのは、料理研究家の渡辺麻紀さん。“守護聖人”が「お肉屋さん」というだけあり(笑)、おいしく焼くコツがいっぱいでした。

「チキンソテーの味は、肉の“掃除”で8割方決まります!」という渡辺さん。

肉の”掃除”=脂を除くことが何より大事!


肉の“掃除”というのは余分な脂をきれいに取り除くこと。脂が残っているとくさみが出るだけでなく、焼いている間に溶け出すのでオイル煮状態になってパリッとしないそう。「焼く」ことにばかり気を取られていたけれど、下ごしらえのほうが大事だったとは。そして、この“掃除”をすることで、ノーブランドのとりでも地鶏のような味わいになるのです!

まずは皮目からパリッと焼きつける


そのほか、皮目をバリバリに焼き固めた後に上下を返し、少し水分を足して焼くというポイントも。蒸気が上がってとり肉の身に入り、上はバリバリの皮でふたをされている状態なので、身がジューシーに仕上がります。ぜひチャレンジしてみて!【レタスクラブ】

上下を返したら水分を足すのも、意外なポイント


この記事に共感したら

Information

レタスクラブネットでレシピをチェック!
■丁寧に脂を取って地どりのようなおいしさに基本のチキンソテー

おすすめ読みもの(PR)