アメブロ「コミックエッセイ」「絵日記」の2ジャンルでランキング第1位! みんなが釘付けの、ドSな俺様長男(高1)×天然小悪魔な次男(中2)の、かわいくも生意気な反抗期デイズ。時にドキッ、時にキュンなリアル兄弟の日常コメディーが、豪華ほぼ描き下ろしで初書籍化です。著者の月野まるさんにお話を伺いました。

『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』発売記念 月野まるさんインタビュー 画像(1/6) 『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』 月野まる 1000円(税別)KADOKAWA

――この本のもとになった大人気ブログ「ナイフみたいにとがってら~天然男子と反抗期男子の観察日記~」(http://ameblo.jp/saigo-3153/)を始めたきっかけを教えてください。

子どもが中高生になり、だいぶ自分の時間が取れるようになった時に、ふと子どもとの日常をコミックエッセイにしたらどうだろうと思いました。中高生の子育てコミックエッセイはあまり見かけないし…と思い、ブログに綴ってみたことがきっかけです。

――読者の反響はいかがですか?

同じ境遇の(反抗期のお子さんを持つ)親御さんは共感してくださる方が多いです。また中高生の方は長男の気持ちに共感したり、大人の方でむかし自分もそうだったと共感される方も。小さなお子さんを持つ方はうちもこんな反抗期が来るのかな、今のうちに可愛がっておこうとか、中にはこんな生意気な子どもに育ったら許せない!など、様々です。長男の小さい頃を思うと、私もまさかこんな反抗期が来るとは思ってなかったのですが(笑)

――書籍になったことで、苦労した点や、プラスアルファされている魅力を教えてください。

ブログでは4コマや絵日記方式で描いているのですが、書籍の方はコマ割りのコミックエッセイになっているので、ブログとは違った雰囲気で読むことができると思います。コマ割りだとコマの大小があるので、メリハリが感じられて描いていて楽しかったです。苦労した点はブログからのネタを2つ、3つくらい引用したものの、すべて描き下ろししたので作業が多かったことでしょうか。

――ほぼすべて描き下ろしなら、ブログ読者の皆さまにも新鮮に楽しんでいただけますね。内容はご家族のお話ですが、ブログや書籍を、息子さんたちやご主人はご覧になっていますか? 反応はいかがですか? 

主人と次男は書籍を読んで、笑っていました。長男は書籍が発売されてしばらくたってから「見せて」と言って来たので見せました。無言で一気読みし、「オレの出演料は?」と冗談まじりに言ってました。結局反応は次男と同じでした。ブログに関してはリアクションがないので読んでなさそうですが、こっそり読んでいるかもしれないですね(笑)

――本の内容そのままの反応ですね(笑) そんな食べ盛りの息子さんたちに好評なオリジナルレシピがあれば教えてください。

早く食べたい!と言われたときの調味料に頼った簡単手抜きレシピ

【その1】

うなぎのたれを使って…

「焼き鳥どーん!」

『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』発売記念 月野まるさんインタビュー 画像(3/6) .

鶏もも肉(唐揚げ用を買うと切らずにすむので楽チン♪)と長ネギをフライパンで炒めて、うなぎのたれをからめるだけ。できあがり↓

『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』発売記念 月野まるさんインタビュー 画像(6/6) .

【その2】

タコスの素とサルサソースを使って…

「タコライス」

『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』発売記念 月野まるさんインタビュー 画像(10/6) .

用意するもの

サルサソース、タコスの素、カット野菜、チーズ、ひき肉

『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』発売記念 月野まるさんインタビュー 画像(15/6) .

1.タコライスの素の袋に従って、ひき肉を炒めて調理する。(ひき肉を炒めて水と素を入れるだけの簡単作業)


後は器にごはん、カット野菜、1で調理したひき肉、チーズを順にのせる。あとはお好みでサルサソースをかけて召し上がれ!

『ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記』発売記念 月野まるさんインタビュー 画像(21/6) .

以上、スピード勝負の簡単手抜き料理でした。


――この本やブログを通じて、読者に伝えたいことはなんですか?

イラストや漫画で我が家はこんな反抗期です!と伝えたいです。キレッキレの息子にイラッとムカッとは日常茶飯事ですが、(たぶん)永遠には続かないと思うので、今を楽しもうと伝わればうれしいです。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いいたします。

レタスクラブニュースのWEBレタス隊で「作ってみました!」という記事を掲載させていただいておりますが、料理について学んだ事があるわけでもなく、食べるのが好きで料理をしているクチです。なので失敗談もあるかもしれませんが、あたたかい目で記事を読んでいただければ幸いです。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

(構成/波多野公美)