【夕飯レシピ】おもてなしにもぴったり!ソースが決め手の「フライパン・スパイシーチキン」 画像(1/2) まろやかな辛さで子どもも食べやすい!
まろやかな辛さで子どもも食べやすい!

調理=市瀬悦子 撮影=榎本修

グリル、ロースト、から揚げ……とりをもっと食べたいけれど、手間がかかるからとためらうときにおすすめの一品。冷蔵庫などによくあるものでスパイシーなソースを作ってつけておき、あとはフライパンで焼くだけ! つけこみもポリ袋を使えば手も汚れず、後片付けもラクチンです。年末年始のおもてなしにもぜひ!


【フライパン・スパイシーチキン】(1人分335Kcal、塩分2.3g、調理時間20分)


<材料・2人分>とり手羽元8本、セロリ1本、スパイシーソース(プレーンヨーグルト大さじ4、おろしにんにく1片分、トマトケチャップ大さじ2、カレー粉小さじ2、オリーブ油小さじ1、塩小さじ2/3、粗びき黒こしょう少々)、オリーブ油


<作り方>

1.セロリは6~7cm長さ、1cm幅の棒状に切る。手羽元は骨に沿って2本切り目を入れ、手で開く。厚手のポリ袋に入れ、スパイシーソースの材料を加えてよくもみ込み、約10分おく。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱し、手羽元の汁けを軽くきって、皮目を下にして並べ入れる。こんがりと焼き色がついたら上下を返してふたをし、弱火にして約6分蒸し焼きにする。強めの中火にし、ポリ袋に残ったたれを加えてからめる。

3.器に盛り、セロリを添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】