愛されて7年、驚異の月間200万PV!(2016年12月現在)。アメブロ激戦区カテゴリーでランキング第1位を2つも獲得した大人気家族マンガブログ、描き下ろし満載でついに書籍化! 平凡な毎日だからこそ、ときどき泣けてしまう。ファンの共感を集める、著者の中島めめさんにお話を伺いました。


『たくあんムスメたち。天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』発売記念 中島めめさんインタビュー 画像(1/3) 『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』 中島めめ著 1000円(税別)KADOKAWA

――ブログ「たくあんムスメたち。」(http://ameblo.jp/tubuanan/)を始めたきっかけを教えてください。

長女が幼い頃、家でふたりで過ごしている時期に、友達に絵手紙を書くようなブログを作ってみたいと思い始めました。

もともと朝型タイプなので(年を重ねるごとにその傾向が強まっています)早起きして家族が起きてくるまでの間ブログを描いたりしております。


――読者やご家族の反響はいかがですか?

読者の方からはご自身のお子さんやお孫さん、小さい頃の自分に重ねて読んでいますというコメントをいただくことが多いです。

夫や子供たちは私がブログを見ているとちょっと見にくる程度なのですが、今回一冊の本にできた事をとても喜んでくれています。


――多くの読者にしみじみと読まれているのですね。書籍化にあたって大変だった点や、プラスアルファされた魅力を教えてください。

作業のペースが最初はのんびりしていたので(今思えば)最後の方でどっとしわ寄せが来てしまってかなり焦りました。

書籍化にあたって、いつもの4コマではないショートストーリーやカットなども描いておりますので見ていただけたらと思います。


――たしかに、4コマではないショートストーリー、いつもと違った面白さでした! 本に登場するエピソードで、ご自身で特に印象深いものはどれですか?

クリスマスのエピソードをいくつか描いたのですが、描きながら自分が幼い頃のクリスマスの事を思い出していました。

昨年は子供たちと粘土でオーナメントを作りましたが、そんな事が思い出になっていったらいいなと思っています。

『たくあんムスメたち。天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』発売記念 中島めめさんインタビュー 画像(4/3) .

――レタスクラブニュース読者におすすめの、おいしくて簡単なオリジナルレシピがあれば教えてください。

本の中にも出てきますが、もちもちポテト(いももち)をよく作ります。

<材料>(4人分くらい)

じゃがいも…3個、ピザ用チーズ…適量、片栗粉…大さじ3、塩こしょう…少量、たれ(砂糖、みりん、しょうゆ、水各大さじ2)

<作り方>

1 じゃがいもを洗って皮つきのままラップで包みレンジで5分くらい(大きさによる)加熱します。

2 少し冷めたら皮をむき、塩こしょう、チーズ、片栗粉を混ぜてよくこねます。

3 一口大に丸めて揚げ焼きにします。

4 砂糖・みりん・しょうゆ・水を合わせて温めたたれを作り、からめて出来上がりです。

『たくあんムスメたち。天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』発売記念 中島めめさんインタビュー 画像(6/3) .

丸めて形を作るところをいつも子供たちに担当してもらっています。自分で作ると特に美味しく感じるようです。


――お子さまも一緒に作れるところが素敵ですね。この本やブログを通じて、読者に伝えたいことを教えてください。

特別変わったことも起こらない普通の日々を、なるべく面白がって過ごしていけたらいいなと思っていつも漫画を描いております。

この本やブログを読んで、そんな雰囲気を感じていただけたらうれしいです。


――最後に、読者の方へメッセージをお願いいたします。

いつもブログを読んでくださる皆様、これから本を手に取ってくださる皆様へ。

今回の原稿の作業中に、本ができたらどんな顔をして読んでもらえるかな?と空想しながら部屋をグルグル歩き回ったりしていました(怖)もし、気に入っていただけたら本当にうれしいです。

(構成/波多野公美)

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】